コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルバルガ Gulbarga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルバルガ
Gulbarga

インド南西部,カルナータカ州北部の都市。ハイデラバードの西約 170km,バラガート山脈から南東に派生する丘陵上の,標高 450mの地点に位置。南方に続くクリシュナ川,ビーマ川沿岸盆地の経済中心地。 14世紀初期からデリー王朝に属し,一時バフマニー朝の首都となったが,アウラングゼーブのデカン遠征によりムガル帝国の一部とされ,18世紀初期からはハイデラバード王国に併合された。綿工業,搾油,製粉が盛んで,綿花取引の中心地。バフマニー朝諸王の廟やモスクなどの遺跡が多い。人口 30万 3139 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルバルガ【Gulbarga】

インド南部,カルナータカ州北端部の歴史的都市。人口30万4000(1991)。標高500m前後のデカン高原上にある。周辺は黒色土が広がり,モロコシ,綿花を産する。北の森林帯はチーク,コクタン,シタンを産する。紡績,製油などの軽工業が立地。14~15世紀にデカン高原を支配したイスラム教徒のバフマニー朝の主要都市として栄えた。スペインのコルドバのモスクを模したという壮大なモスク(13世紀建立)がある。【応地 利明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グルバルガの関連キーワードビーダル王国インド史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android