グレコ・ロマン様式(読み)グレコロマンようしき

世界大百科事典 第2版の解説

グレコロマンようしき【グレコ・ロマン様式】

ローマ時代につくられたギリシア風美術の総称。前31年のアクティウムの海戦でギリシアを屈服させたローマは,造形芸術においては被征服者であるギリシア人の美術を継承した。彼らはギリシア美術を様式的に発展させてローマ独自の美術を生んだが,他方では,過去のギリシア美術を手本にすべきもの,古典的なものとして賛美し,模倣した。そして公共施設,聖域,宮殿,私邸を飾るために,おびただしい数の美術作品をギリシア人の地から運び込んだが,それだけではなお足りず,ギリシアの美術作品を当代の美術家たちに大量に模倣させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報