コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス3世 グレゴリウスさんせいGregorius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス3世
グレゴリウスさんせい
Gregorius III

[生]?. シリア
[没]741.11.
シリア出身の第90代教皇(在位 731~741)。聖人。登位後まもなく聖画像論争に直面し,前教皇グレゴリウス2世の方針を引き継いで,ビザンチン皇帝レオ3世による聖画像破壊(→イコノクラスム)を 731年のローマ教会会議で糾弾した。またゲルマン民族のキリスト教化を推し進め,732年にウィンフリードボニファチウス)を大司教に叙任し,フランク王国の教会組織をゆだねた。739年ラベンナとローマがランゴバルド族に略奪されると,フランク王国に援助を求めた。ここに始まる教皇座とフランク王国の同盟関係は,王国の勢力伸長に伴い,教皇の後ろだてとなっていった。祝日は 11月28日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グレゴリウス3世の関連キーワードレオン(3世)ローマ法王