グレゴリウス3世(読み)グレゴリウスさんせい(英語表記)Gregorius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス3世
グレゴリウスさんせい
Gregorius III

[生]?. シリア
[没]741.11.
シリア出身の第90代教皇(在位 731~741)。聖人。登位後まもなく聖画像論争に直面し,前教皇グレゴリウス2世の方針を引き継いで,ビザンチン皇帝レオ3世による聖画像破壊(→イコノクラスム)を 731年のローマ教会会議で糾弾した。またゲルマン民族のキリスト教化を推し進め,732年にウィンフリードボニファチウス)を大司教に叙任し,フランク王国の教会組織をゆだねた。739年ラベンナとローマがランゴバルド族に略奪されると,フランク王国に援助を求めた。ここに始まる教皇座とフランク王国の同盟関係は,王国の勢力伸長に伴い,教皇の後ろだてとなっていった。祝日は 11月28日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android