コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ3世 レオさんせい Leo III

2件 の用語解説(レオ3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ3世
レオさんせい
Leo III

[生]?. ローマ
[没]816.6.12.
ローマ出身の第96代教皇(在位 795~816)。聖人。枢機卿(→カーディナル)だった 795年12月に教皇ハドリアヌス1世の後継として選出された。799年に前教皇の支持者に襲撃され,フランク王国パーダーボルンに逃れてカルル1世(大帝)に保護された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レオ3世
レオさんせい
Leo III Isauricus

[生]675/680頃.ゲルマニキア
[没]741.6.18. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 717~741) 。北部シリア出身の軍人で,ユスチニアヌス2世の護衛役をつとめ,アナスタシウス2世の治世中テマ・アナトリコンの長官に就任。のちにテオドシウス3世の反対皇帝として立ち,717年3月同3世を退け即位,イサウリア朝 (シリア朝) を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レオ3世の関連キーワードフェニキア文字ゲルマニウム半導体検出器ゲルマニウム整流器ゲルマン書上げる抱上げるツースマニキュアゲルマニウムの夜ゲルマ入浴薬用モンダミン デンタルマニキュア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone