グレビル(英語表記)Greville, Charles Cavendish Fulke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレビル
Greville, Charles Cavendish Fulke

[生]1794.4.2.
[没]1865.1.18.
イギリスの官吏。3代ポートランド公の孫。 1821~59年枢密院書記官。その間ホイッグ,トーリー両政党の政治家,特にウェリントン公やパーマストン男爵と親交を重ねた。死後,H.リーブによって刊行 (1875,85,87) された彼の日記 (17~60) は,当時の政界を知るうえで貴重な資料となっている。

グレビル
Greville, Fulke, 1st baron Brooke

[生]1554.10.3. ウォリックシャー,ビーチャムコート
[没]1628.9.30. ウォリック
イギリスの詩人,劇作家,政治家。エリザベス女王の寵臣の一人で P.シドニーの親友。 1621年ブルック男爵に叙せられたが,召使に刺されて不慮の死をとげた。キリスト教的人文主義の内部矛盾に対する彼の近代的な意識は,人間のジレンマの政治的含蓄を扱ったセネカ風の韻文悲劇『ムスタファ』 Mustapha (1609) と『アラハム』 Alaham (33) にみられる。ほかに宗教的哲学的内容の教訓詩をも含むソネット集『シーリカ』 Caelica (33) があるが,『シドニー伝』 Life of the Renowned Sir Philip Sidney (52) が最も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android