コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーハウンド グレーハウンド grayhound

4件 の用語解説(グレーハウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グレーハウンド(grayhound)

家畜の犬の一品種。エジプトの原産で、5000年前から猟犬として用いられた。体高約70センチ。競走犬として用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

グレーハウンド【Greyhound】

イギリス原産の大型犬。姿は紀元前からほとんど変わらず、長い脚と大きく深い胸をもつ。時速60kmを超えるスピードが出ることから、ドッグレースに使用されており、100mを5秒925で走った記録がある(1958年ロンドン)。JKCでは、第10グループ(視覚ハウンド)に分類する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グレーハウンド【greyhound】

イヌの一品種。エジプト原産。体高60~70センチメートル。紀元前3000年頃からいたといわれる。四肢が細く、体も細い。走力・視力にすぐれ、猟犬・競走犬に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーハウンド
ぐれーはうんど
grey hound

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、エジプト原産の古い歴史を有し、すこぶるスマートな体形の快足犬である。また、イヌのなかでは視力に優れ、獲物を嗅覚(きゅうかく)で追跡するよりも目でとらえて追跡する。深い胸や切れ上がって締まった腹部、長い足はスピード感にあふれ、草原での狩猟に適している。かつてはエジプトで小獣猟に用いられていたが、欧米に渡ってからはキツネ、ノウサギ、シカ猟にも用いられ、アメリカでは草原でコヨーテ猟にも用いられた。さらに本犬種は、快足を利してレース犬としても活躍している。そのスピードは直線で100メートルを5.6秒と、競走馬並みである。体形は筋肉質でほっそりし、頭部も細く、耳はバラの花びらのようでややねじれぎみについている。頸(くび)もすらりと長い。背はやや湾曲し、大腿(だいたい)部はよく発達している。短毛で、毛色はブリンドル、フォーン、黒と白、赤など。体高65~72センチメートル以上である。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレーハウンドの関連キーワードオッターハウンドイングリッシュ・セターイングリッシュ・フォックス・ハウンドイングリッシュ・ポインタースムース・コリーパタデール・テリアブルマスティフプラマー・テリアマスティフラーチャー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーハウンドの関連情報