コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーフェ Graefe, Friedrich Wilhelm Ernst Albrecht von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーフェ
Graefe, Friedrich Wilhelm Ernst Albrecht von

[生]1828.5.22. ベルリン
[没]1870.7.20. ベルリン
ドイツの眼科学者。 K.グレーフェの子。 1866年ベルリン大学教授。緑内障虹彩炎,虹彩脈絡膜炎の治療に虹彩切除を採用したほか,斜視手術の考案,交感性眼炎の記載,脳障害に伴う失明や視力の減退は視神経炎と関係するという指摘などの業績がある。近代眼科学の創始者,眼科手術の開拓者といわれている。なお,眼球突出性甲状腺腫では,下を見る際に上眼瞼が眼球の動きについていかないが,この現象はグレーフェの症候と呼ばれている。

グレーフェ
Graefe, Karl Ferdinand von

[生]1787.3.8. ワルシャワ
[没]1840.7.4. ハノーバー
ポーランド生れのドイツの外科医,軍医。 1810~40年,新設ベルリン大学外科の主任教授となったが,13年以降は軍医総監として従軍することが多かった。 16年ドイツで最初の口蓋縫合を行い,18年には 16世紀イタリアで行われていた造鼻術を復興し,上腕の皮膚を用いていたイタリア式を前額の皮膚を用いるインド式に修正した。また,帝王切開術を完成し,22年には腕頭動脈の結紮 (けっさつ) にも成功した。ドイツ外科手術の先駆者で,形成外科手術の父といわれ,その子,F.グレーフェとともに医学一家として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

グレーフェ

生年月日:1787年3月8日
ポーランド生まれのドイツの外科医,軍医
1840年没

グレーフェ

生年月日:1828年5月22日
ドイツの眼科学者
1870年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

グレーフェの関連キーワードクラウディア デランクバン・デ・ベルデ子宮内避妊器具プリースニッツコルネリウスJ. ゴナン6月10日帝王切開術Gスポット生年月日外科医先駆者IUDドイツ上腕結紮前額皮膚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android