コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーフェ グレーフェ Graefe, Friedrich Wilhelm Ernst Albrecht von

2件 の用語解説(グレーフェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーフェ
グレーフェ
Graefe, Friedrich Wilhelm Ernst Albrecht von

[生]1828.5.22. ベルリン
[没]1870.7.20. ベルリン
ドイツの眼科学者。 K.グレーフェの子。 1866年ベルリン大学教授。緑内障,虹彩炎,虹彩脈絡膜炎の治療に虹彩切除を採用したほか,斜視手術の考案,交感性眼炎の記載,脳障害に伴う失明や視力の減退は視神経炎と関係するという指摘などの業績がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グレーフェ
グレーフェ
Graefe, Karl Ferdinand von

[生]1787.3.8. ワルシャワ
[没]1840.7.4. ハノーバー
ポーランド生れのドイツの外科医,軍医。 1810~40年,新設ベルリン大学外科の主任教授となったが,13年以降は軍医総監として従軍することが多かった。 16年ドイツで最初の口蓋縫合を行い,18年には 16世紀イタリアで行われていた造鼻術を復興し,上腕の皮膚を用いていたイタリア式を前額の皮膚を用いるインド式に修正した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレーフェの関連キーワードワルシャワ条約ワルシャワ大学ワルシャワ大公国マルシャウコフスカ通りワルシャワ旧王宮ワルシャワ蜂起記念碑ブライダルシャワーワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ワルシャワの秋音楽祭ワルシャワ・ゲットー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーフェの関連情報