コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ(珪)酸肥料 けいさんひりょう

1件 の用語解説(ケイ(珪)酸肥料の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケイ(珪)酸肥料【けいさんひりょう】

ケイ酸カルシウムを主成分とする肥料。製鉄・製リンの際の鉱滓(こうさい)(スラグ)を粉砕してつくる。ケイ酸はいもち病抵抗性の増大など,イネの増収効果が大きい。堆肥はケイ酸の重要な供給源であるが,堆肥の減少とともに,ケイ酸肥料の需要が高まっている。
→関連項目化学肥料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ケイ(珪)酸肥料の関連キーワードカリ肥料硝酸カルシウム炭酸カルシウム過燐酸石灰石灰肥料燐酸カルシウム酢酸カルシウムケイ酸カルシウムシュウ酸カルシウムシュウ酸結石

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone