コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケル ケル Kerr, Alfred

3件 の用語解説(ケルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケル
ケル
Kerr, Alfred

[生]1867.12.25. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
[没]1948.10.12. ハンブルク
ドイツの評論家。本名 Alfred Kempner。ベルリン大学に学んだ。ベルリンの新聞の演劇批評を担当,自然主義演劇を痛烈に批判,表現主義を支持して健筆をふるった。ナチス台頭とともにパリ,さらにロンドンに亡命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ケル

正式社名「ケル株式会社」。英文社名「KEL CORPORATION」。電気機器製造業。昭和37年(1962)設立。本社は東京都多摩市永山。電子機器部品製造会社。主力は電子機器に使われる小型精密コネクター。ICをプリント基板に組み込むためのICソケットなども手がける。JASDAQ上場。証券コード6919。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケル【Alfred Kerr】

1867‐1948
ドイツの劇評家。本来の姓はケンプナーKempner。大学卒業後1890年ころから1932年に亡命するまで,《ベルリン日刊新聞》その他に発言を続け,しんらつな見方とアフォリズムと見まがう文体によって注目された。O.ブラームをM.ラインハルトより評価し,初期のハウプトマンを絶賛,表現主義に肩入れするなど,新しい未知の価値をいち早く見いだすことに力をそそいだ。チェコスロバキア等を経てイギリスに亡命,帰国後死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケルの関連キーワードグラウプナーケンプ西ドイツオープナーシャープナー統一ドイツドイツ放送連盟ドイツの小さな町劇評家ケーゼクーヘン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルの関連情報