ゲラシモフ(Aleksandr Mihaylovich Gerasimov)(読み)げらしもふ(英語表記)Александр Михайлович Герасимов/Aleksandr Mihaylovich Gerasimov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲラシモフ(Aleksandr Mihaylovich Gerasimov)
げらしもふ
Александр Михайлович Герасимов/Aleksandr Mihaylovich Gerasimov
(1881―1963)

ロシアの画家。モスクワの絵画・彫刻・建築学校でアルヒーポフとコローウィンのもとで学んだ。革命前は主として風景画を描いていたが、革命後は党の要人たちの肖像画を描き、旧ソ連画壇の大御所として君臨した。『演壇レーニン』『クレムリンスターリンウォロシーロフ』『第16回党大会のスターリン』などが有名であるが、雪どけ後はいわゆる社会主義リアリズムの悪(あ)しき典型と批判する向きもある。もっとも『雨のあと』(1935)など革命後の風景画には別の趣(おもむき)がみられる。

[木村 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android