コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイレ コイレ Koyré, Alexandre

5件 の用語解説(コイレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイレ
コイレ
Koyré, Alexandre

[生]1892.8.29. タガンログ
[没]1964.4.28. パリ
ロシア生れのフランスの哲学者,科学史家。ロシアで中等教育を受けたあと,ドイツゲッティンゲン大学で E.フッサールに師事し哲学を学び,パリ大学に移ってからは哲学史の研究で博士号を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コイレ

ロシア出身の科学史家。米国のプリンストン高等研究所の常任研究員,パリの科学技術中央研究所所長などを歴任。《ガリレイ研究》(1939年),《閉じた世界から無限宇宙へ》(1957年),《天文学革命》(1961年)などの著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コイレ【Alexandre Koyré】

1892‐1964
ロシア出身の哲学史家,科学史家。母国で中等教育を終えた後,フランスのパリ大学に留学した。そしてデカルトアンセルムスの研究で博士号を得て,パリの高等研究所の所員となった。最初は哲学史の研究に従事したが,メイエルソンの影響を受けて,しだいに科学思想史に関心を向けるようになり,1939年には画期的な業績と評される《ガリレイ研究》を出版した。第2次世界大戦後は,プリンストン高等研究所の常任研究員とパリの科学技術中央研究所の所長を兼任しながら,科学史におけるいわゆるインターナル・ヒストリーの主唱者として,《閉じた世界から無限宇宙へ》(1957),《天文学革命》(1961)等の労作を次々と発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コイレ【Alexandre Koyré】

1892~1964) ロシア生まれのフランスの哲学史家・科学史家。綿密な史料批判に基づき、深い思想史的洞察に貫かれた科学史研究を展開した。著「ガリレオ研究」「閉じた世界から無限宇宙へ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コイレ
こいれ
Alexandre Koyr
(1892―1964)

フランスの科学思想史家。ロシアのタガンロフに、富裕なユダヤ人商人の子として生まれる。1908年ゲッティンゲン大学に留学、フッサールに師事し、1911年にはパリ大学に移って研究。フランスに帰化し、『デカルト研究』(1922)、『アンセルムス研究』(1923)を著し、パリの高等研究所所員、1930年モンペリエ大学教授、1932年高等研究所研究主任。1939年実証的な研究に基づく『ガリレオ研究』を発表。1940年アメリカに亡命、1945年パリに戻るが、1955年プリンストン高等研究所常任研究員となった。『閉じた世界から無限宇宙へ』(1957)、『天文学革命』(1961)などの著作があり、科学史学に大きく寄与した。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコイレの言及

【科学史】より

… 次にこうして集積されたデータを基にして,ある歴史観あるいは解釈を加えて,なんらかの筋の通った歴史を構成しようとする試みが生まれてくる。フランスの物理学者P.デュエムや,ロシアに生まれ,最後はアメリカに渡ったA.コイレの一連の仕事を先駆として,アメリカのギリスピーC.C.Gillispieの《客観性の刃》(1960。邦題《科学思想の歴史》)に至るさまざまな科学史書が,その範疇(はんちゆう)に入ると思われる。…

※「コイレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コイレの関連キーワードタンヌリー哲学史ダンネマン天野清菅井準一平田寛(1)広重徹矢島祐利ミエリ国際科学史・科学哲学連合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone