コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココス島 ココストウ

デジタル大辞泉の解説

ココス‐とう〔‐タウ〕【ココス島】

Cocos Island
ココ島
マリアナ諸島、グアム島南岸沖の島。メリッソの沖約2.4キロメートル、ココス礁湖の縁に位置する。ナンヨウスギやココヤシに覆われ、シロアジサシなどの海鳥が生息。保養地として開発され、マリンスポーツの拠点となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ココスとう【ココス島】

アメリカのグアム島の南端、メリッソ村の沖2.4kmに位置する一周4kmほどの小島。火山活動によってグアム島ができたときは島の一部だったが、徐々に沈下して楕円形の礁湖を残し本島と切り離され、その上に砂が堆積して形成された。透明度の高いエメラルド色の珊瑚海には色鮮やかな珊瑚が自生し、熱帯魚の宝庫になっていて、島内ではボートセイリング、ジェットスキー、シュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しむことができる。◇英名は「Cocos Island」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ココス島の関連キーワードダーウィンフィンチセッティ湾展望台ココ島国立公園ヤンゴン管区エムデン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android