コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コステロ コステロCostello, John Aloysius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コステロ
Costello, John Aloysius

[生]1891.6.20. ダブリン
[没]1976.1.5. ダブリン
アイルランドの政治家。反デ・バレラ派の連立内閣首相 (在任 1948~51) 。統一アイルランド党 (フィン・ゲール党) の代表。 1948年 11月アイルランド共和国法案を議会に提出し,同年 12月満場一致で可決され,翌年アイルランド共和国が成立した。 54年から3年間,第2次連立政権を担当したが,アイルランド共和軍 IRAのテロ活動により,政権は弱体化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コステロ
こすてろ
Elvis Costello
(1954― )

パンク・ロック期に登場したイギリスのシンガー・ソングライター。本名デクラン・パトリック・マクマナスDeclan Patrick MacManus。ロンドン郊外パディントン生まれる。知的なユーモアと直情を同居させたソング・ライティングと歌詞に定評がある。ジャズトランペッターヒッピー精神にあふれた父親と、ジャズ・スタンダードを好んだ母親の間に育ったコステロは、カントリー・アンド・ウェスタンやリズム・アンド・ブルースに傾倒する少年時代を過ごす。ハイスクールを卒業した彼は、コンピュータ技術者として働くかたわら、パンク前夜のイギリスで流行したパブ・ロック(パブのような身近な場所で演奏された、リズム・アンド・ブルースを基調にしたシンプルロックン・ロール)に触発され、フリップシティというグループを結成、活動を開始する。
 76年にコステロはパブ・ロックのグループを多数抱えていたスティッフ・レコードと契約を結び、翌77年3月にシングル「レス・ザン・ゼロ」でデビューする。同年7月にアルバム『マイ・エイム・イズ・トゥルー』をリリース。パンク・ロックのまっただ中で発売された本作だったが、斜に構えた視線と巧妙なソング・ライティング、そしてルーツ・ミュージックを踏まえつつパンク的な疾走感に溢れたサウンドが小気味よいコステロの音楽は、新しいタイプのシンガー・ソングライターの登場として一躍注目を集めた。
 デビュー作に高い評価を受けたコステロは、ライブ活動のためにバックバンドを結成する。スティーブ・ナイーブSteve Naive(キーボード)、ブルース・トーマスBruce Thomas(ベース)、ピート・トーマスPete Thomas(1954― 、ドラムス)の3人は、ジ・アトラクションズとして以後のコステロをバックアップしていくことになる。『ディス・イヤーズ・モデル』(1978)、『アームド・フォーセス』(1979)、『ゲット・ハッピー』(1980)とコステロのソング・ライティングと鋭角的なパフォーマンスは円熟味を増し、80年代イギリスを代表するシンガー・ソングライターとしての評価は確固としたものとなっていった。
 ブランクもなく、順調にキャリアを重ねていったコステロは、最もイギリスらしいポップ・センスを備えたアーティストの一人であり、ブリティッシュ・ロック界の大御所的存在として君臨している。彼のキャリアは、パンクの激情が音楽的成熟に至る一例を、身をもって示している。[増田 聡]
『トニー・クレイトンリー著、小原亜美訳『マイ・エイム・イズ・トゥルー――エルヴィス・コステロ・バイオグラフィー』(2000・ブルース・インターアクションズ) ▽ウィル・バーチ著、中島英述訳『パブ・ロック革命――ニック・ロウ、エルヴィス・コステロ、ドクター・フィールグッドらのロックンロール・デイズ』(2001・シンコー・ミュージック)』
「『ゲット・ハッピー』CD(1994・ミュージックシーン) ▽『マイ・エイム・イズ・トゥルー』CD(2001・MSI) ▽『ディス・イヤーズ・モデル』『アームド・フォーセス』CD(以上2002・MSI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コステロの関連キーワードゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ自破砕角礫岩町・丁田山花袋中筋早稲田文学アドバルーン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コステロの関連情報