コスモポリタニズム(英語表記)cosmopolitanism

翻訳|cosmopolitanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスモポリタニズム
cosmopolitanism

語源的にはギリシア語の kosmos (宇宙,世界) と politēs (市民) との合成語で,人類全体を一つの世界の市民とみなす立場をいう。日本では「世界市民主義」あるいは「世界主義」ともいう。このような考えはすでに古代ギリシアのキュニコス派にみられ,アレクサンドロス大王の世界制覇も,帝国主義的動機があったにしろ,部分的にはこの理念の実現を目指したものであった。神の前における人類の平等を説いたキリスト教が急速に伝播したのも,この理念ゆえである。近世のヒューマニズムカントの人類共同体の理念もこの一例であり,平等,自由を掲げたフランス革命もこの理念と結びついていた。 19世紀以降,特にマルクス主義ではインターナショナリズムと区別され,伝統を無視したものと批判されている。 20世紀にみられる世界連邦主義はコスモポリタニズムの現代的形態である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コスモポリタニズム(cosmopolitanism)

民族や国家を超越して、世界を一つの共同体とし、すべての人間が平等な立場でこれに所属するものであるという思想。古くは古代ギリシャから今日までみられる。世界主義。世界市民主義。世界公民主義。コスモポリティズム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コスモポリタニズム

〈世界市民主義〉〈四海同胞主義〉などと訳。キュニコス学派のシノペディオゲネスに発するとされ,都市国家(ポリス)が崩壊し,全世界(コスモス)的な大帝国が成立したヘレニズム時代に,特にストア学派が唱えた。近代ではカントが代表的論者。今日では,個々の国家の存在を前提とし,その共存と友好を図ろうとするインターナショナリズム国際主義)に対して,世界国家的な意識,政治思想の意で用いられ,時にその観念性抽象性が批判される場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コスモポリタニズム【cosmopolitanism】

世界市民主義,四海同胞主義,万民主義などと訳される。コスモポリタニズムは元来必ずしも現実の改造や変革を目ざすものではなく,個人がその属する民族,国民,国家などに特有な価値観念や偏見をすてて,全人類を同胞とみなす人生論的な立場と解される場合が多い。 社会的には自己の生活圏が世界的規模にまで拡大した場合,または各種の社会集団の激しい対立により,平和状態が強く希求されるような場合に出現する。思想史的にみると,古代ギリシアでは前4世紀にキュニコス派のディオゲネス(シノペの)やその一派がみずからをコスモポリテスと称して,せまい都市国家的な社会的風習を退け,超国家的・個人主義的な生活意識や思想をもったことに始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コスモポリタニズム【cosmopolitanism】

個人を国家・民族を超越した直接普遍的世界の一員として位置づける世界観。また、その立場に立って一つの世界国家を実現しようとする思想。世界主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスモポリタニズム
こすもぽりたにずむ
cosmopolitanism

世界主義、世界市民主義、四海同胞主義、万民主義、世界公民主義などと訳される。共同体、民族、国家などを媒介とせずに、諸個人が直接に世界と結合さるべきであるとする個人主義的にして普遍主義的な思想。ギリシア語のコスモス(世界)とポリテス(市民)を合成したコスモポリテスkosmopolitesに由来し、ポリス社会崩壊期の紀元前4世紀ギリシアで、シノペのディオゲネスが自らをコスモポリテス(世界を故国とする者)と名のり、社会的慣習を無視した自主独立の生活を送ったことから、この姿勢がヘレニズムのストア派の思想に流入していったといわれる。神の摂理による宇宙国家により世俗的世界を秩序づける中世キリスト教や、世界国家を説くカントにもコスモポリタニズムの要素がみられる。狭い国家主義やナショナリズムを超える点で国際主義(インターナショナリズム)と共通するが、国家や民族を無視し媒介しない点で区別される。[加藤哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

コスモポリタニズム

〘名〙 (cosmopolitanism) 個人が、自分の属する民族・国民・国家を超越して、全人類を同胞と見なす世界観。古くは、ギリシア哲学のキュニコス派やストア派にその考え方がみられる。世界主義。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android