コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッツェブ Kotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッツェブ
Kotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

[生]1761.5.3. ワイマール
[没]1819.3.23. マンハイム
ドイツの劇作家。弁護士となり,ロシアで顕職につき,帰国してベルリンで文筆活動に従事,ゲーテやロマン派を批判した。さらにナポレオンを攻撃,国内の自由主義的熱狂をも揶揄したため,スパイ扱いを受け暗殺された。喜劇『小都会のドイツ人』 Die deutschen Kleinstädter (1803) など,二百余の戯曲があり,通俗的で大いに時流に投じたが,今日では評価されていない。

コッツェブ
Kotzebue, Otto von

[生]1788.12.30. タリン
[没]1846.2.15. タリン
ドイツの探検家。戯曲家 A.コッツェブの次男。ロシア政府の援助のもとに2回の世界周航をし,その間アラスカ北西海岸を探検して 1816年コッツェブ湾に到達。そのほかマーシャル諸島などのいくつかの島々を発見し,学術上貴重な資料をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コッツェブの関連キーワードカールスバートの決議カルルスバートの決議ブルシェンシャフトズーダーマン12月30日メロドラマ5月3日フォレンメルケルレンツザントペイン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android