コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッツェブ コッツェブKotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

2件 の用語解説(コッツェブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッツェブ
Kotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

[生]1761.5.3. ワイマール
[没]1819.3.23. マンハイム
ドイツの劇作家。弁護士となり,ロシアで顕職につき,帰国してベルリンで文筆活動に従事,ゲーテロマン派を批判した。さらにナポレオンを攻撃,国内の自由主義的熱狂をも揶揄したため,スパイ扱いを受け暗殺された。喜劇『小都会のドイツ人』 Die deutschen Kleinstädter (1803) など,二百余の戯曲があり,通俗的で大いに時流に投じたが,今日では評価されていない。

コッツェブ
Kotzebue, Otto von

[生]1788.12.30. タリン
[没]1846.2.15. タリン
ドイツの探検家。戯曲家 A.コッツェブの次男。ロシア政府の援助のもとに2回の世界周航をし,その間アラスカ北西海岸を探検して 1816年コッツェブ湾に到達。そのほかマーシャル諸島などのいくつかの島々を発見し,学術上貴重な資料をもたらした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コッツェブの関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温杉浦乗意三国節吉見幸和

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone