コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッツェブ コッツェブ Kotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

2件 の用語解説(コッツェブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッツェブ
コッツェブ
Kotzebue, August (Friedrich Ferdinand) von

[生]1761.5.3. ワイマール
[没]1819.3.23. マンハイム
ドイツの劇作家。弁護士となり,ロシアで顕職につき,帰国してベルリンで文筆活動に従事,ゲーテロマン派を批判した。さらにナポレオンを攻撃,国内の自由主義的熱狂をも揶揄したため,スパイ扱いを受け暗殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コッツェブ
コッツェブ
Kotzebue, Otto von

[生]1788.12.30. タリン
[没]1846.2.15. タリン
ドイツの探検家。戯曲家 A.コッツェブの次男。ロシア政府の援助のもとに2回の世界周航をし,その間アラスカ北西海岸を探検して 1816年コッツェブ湾に到達。そのほかマーシャル諸島などのいくつかの島々を発見し,学術上貴重な資料をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コッツェブの関連キーワード合同ナフタリンメタリン酸リン酸キリンゼロ<生>麒麟淡麗<生>キリンのどごし<生>タリンテレビタワーメタリン酸カリウムメタリン酸(メタ燐酸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone