コネティカット州(読み)コネティカット(英語表記)Connecticut

翻訳|Connecticut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コネティカット〔州〕
コネティカット
Connecticut

アメリカ合衆国北東部の州。州都ハートフォード。1614年オランダ人アドリアン・ブロックがコネティカット川を探検。1630年代に清教徒がマサチューセッツ州からコネティカット川沿いに次々と入植し,ウィンザーウェザーズフィールドニューヘーブンなどの町を建設した。初めイギリス本国向けのタバコや穀物の栽培が中心であったが,西インド諸島との交易が盛んになるにつれ綿織物や造船業が発達した。独立十三州(→十三植民地)の一つ。州域は,ゆるやかな丘陵性の地形で,氷河時代の影響を受けた湖沼が数多く散在する。夏は比較的涼しく(平均気温 21~24℃),冬はかなり寒い(1月の平均気温-3℃)東岸海洋性の気候で,日本の東北地方北部に似ている。海岸一帯やコネティカット川流域などでは工業化が進み,火器,銀器具,時計,ミシン,真鍮製品などがつくられるほか,グロトンでは最初の原子力潜水艦ノーチラス』号をはじめとする潜水艦が建造されている。1970年代からは先端技術企業の重要度が増した。一方,内陸部には美しい森林,湖沼,河川,農園も多く残っている。ボストンニューヨークの大都市に挟まれていることもあって,花卉や酪農などの近郊農業も行なわれる。エール大学(1701創立)は,マサチューセッツ州のハーバード大学と並んで古くからの名門校である。面積 1万2960km2。人口 359万6080(2013推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コネティカット州の関連情報