コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプトス コプトス Koptos

2件 の用語解説(コプトスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプトス
コプトス
Koptos

ルクソールの北方約 40kmのナイル川東岸にあった古代エジプトの都市。現キフト上エジプトの第5ノモスの都として,また紅海へ抜ける道路ワディハンマーマートの起点として繁栄した。古くからミン神の信仰の中心地で,第1王朝の時代から神殿があったといわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コプトス【Coptos】

上エジプトのナイル東岸にあった古代都市。現在名はキフトQift。上エジプト第5ノモスの州都,豊饒神ミンの信仰の中心地で,大神殿の遺跡がある。ワーディー・ハンマーマートを通じて紅海に通じ,ナイル流域と紅海とを結ぶ交通・交易の拠点,東部砂漠への採石(斑岩,角レキ岩,セン緑岩など)・採金の遠征隊の出発点として王朝時代からイスラム時代まで繁栄する。〈コプトス勅令〉は古王国末期から第1中間期の王権と州侯との関係を示す重要な史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コプトスの関連キーワードケナーネクベトルクソールエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語エルカブデールエルバルシャワセト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone