コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト コプト Copts

5件 の用語解説(コプトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コプト(Copts)

古来、エジプトに土着している人々。
エジプト古来のキリスト教会の信者。キリストの人性は神性に融合し、吸収されて、人間の肉体性はない、とみる単性説を奉じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コプト

ふつうエジプトに住むキリスト単性説を信じる人びとを指す。現実には他民族との混血も多い。5世紀半ばコプト教会に結束した土着のエジプト人コプト人の祖となった。その後,アラブ人の支配下にあって,宗教を異にするコプト人は非常な圧迫を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コプト【Copt】

コプト教会に所属するエジプトのキリスト教徒アラビア語キブトQibṭクブトQubṭ。現在ではエジプト全体で10%余りの人口を占める少数派にすぎないが,彼ら自身は古代エジプト以来の伝統を受け継ぐとともに,正統なキリスト教信者としての自負心をもっている。 コプトの呼称はアラビア語のQibṭに由来するが,それはギリシア人古代エジプト語をなまってつけたエジプトを表す〈アイギュプトスAigyptos〉を語源とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コプト【Copt】

〔エジプト原住民に対するアラビア語呼称 kibt に由来〕
キリスト教化したエジプト人。コプト教会の信徒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプト
こぷと
Copts

エジプトの土着キリスト教徒。この用語は古代エジプト語からの数次にわたる変化から生まれた。古代エジプトの都である下(しも)エジプトのメンフィスは「ヒクプタハ」(プタハ神の館)ともよばれていた。紀元前7世紀からエジプトに入植したギリシア人は、これを「アイギプトス」とギリシア化し、この呼称で全エジプトをさすことにした(今日のエジプトの呼称はこれに由来する)。ついで、この名詞の形容詞として「アイギプティオス」が生まれ、これは「エジプト人」をさすことばとなった。紀元後640年にエジプトを征服したアラブ人はこれをアラブ化して「キブト」とした。やがて、エジプト人のイスラム化が進むにつれて、イスラム化しないエジプト人、すなわち、土着キリスト教を信じ続けるエジプト人のほうだけをキブトとよぶようになった。ついで、この呼称はヨーロッパ人の用語に入り、こんどはコプトということばに変わり、これが世界に流布していった。
 エジプトのキリスト教(コプト教会)の歴史は古く、1世紀中葉の聖マルコのエジプト布教に始まるとされている。前30年にエジプト王国が滅びてローマ領となったとき以来、古代の多神教は衰えていたが、古代宗教のなかのオシリス、イシス、ホルスの三神信仰は、キリスト教への接近を容易にする役割を果たした。しかし、やがてコプト教会は独自の教義(単性論という)を発展させ、451年のカルケドン公会議で異端とされ、そのときから孤立の道を歩んだ。もっとも、ナイル川流域では勢力を伸ばし、エジプトの南の地ヌビアは6世紀にキリスト教化された。その遺跡は1960年代のヌビア遺跡救済運動の発掘の際に華やかによみがえった。隠遁(いんとん)修行の修道院、コプト教会の建築・装飾、コプト織をはじめとする工芸、学芸文書(コプト・パピルス)などはコプト教会の貢献である。
 コプト教徒は民族的に古代エジプト人の直系であるが、その言語もまた古代エジプト語の直系である。古代エジプト語は子音のみを文字表記していたので、コプト教徒はすべての音を文字表記するという考えから独自のアルファベットをつくり、いくつかの文字はギリシア文字から借用した。こうして3世紀にコプト語、コプト文字が成立し、『旧約聖書』と福音(ふくいん)書がコプト語に訳された。アラブの征服とともにコプト語は衰え、16世紀に日常生活からまったく消えた。19世紀にフランスのシャンポリオンは、コプト語の研究からヒエログリフを解読した。[酒井傳六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプトの関連キーワードコプト教会コプト語アブメナエジプト鼠エジプト綿キリスト教会古代エジプト語コプト教エジプトのコプト教徒コプト音楽

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コプトの関連情報