コミッション(読み)こみっしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典「コミッション」の解説

コミッション

口銭、手数料や歩合のことで、インセンティブとも同じ意味。ある事業や生産行動の成果に対する報酬、報奨金という意味で用いられる。また、特殊な成果報酬として、ライフタイムコミッションなどがある。また、ASPアフィリエイト・サービス・プロバイダー)が広告主からもらう広告費を指すこともある。ASPは、アフィリエイトプログラムの広告費として、リンクに飛んで商品を購入した割合やクリックの回数など、発生した成果に応じて広告主へその手数料として成果報酬を歩合で請求する場合が多くみられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「コミッション」の解説

コミッション

〘名〙 (commission)
① (商取引などの仲介の)手数料。仲介料。口銭(こうせん)
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉再度米国行「左る代りにコンミッション(手数料)を思ふさま取るがどうだ」
② わいろ。
③ 委員会。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コミッション」の解説

コミッション(commission)

委任。委任状。
委託業務に対する手数料。周旋料。口銭(こうせん)。
委員会。
賄賂(わいろ)。
[補説]英語では4は、bribe

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android