コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメバツガザクラ Arcterica nana (Maxim.) Makino

2件 の用語解説(コメバツガザクラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コメバツガザクラ【Arcterica nana (Maxim.) Makino】

高山の砂礫地(されきち)に生えるツツジ科の小低木。和名は葉が米のように小さく,全体がツガザクラを思わせるのでいう。茎は枝分れして地に伏し,高さ5~15cm,3枚の小さな葉が輪生する。葉は革質で楕円形,長さ5~10mm,幅3~5mm。夏,枝先に3個ずつ輪生する花をつける。花冠は白色,つぼ形で先は5裂し,長さ4~5mm。おしべは10本で,葯の背面に2本のとげ状突起があり,虫が触れると花粉を散らすようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメバツガザクラ
こめばつがざくら / 米葉栂桜
[学]Arcterica nana (Maxim.) Makino

ツツジ科の常緑小低木で、1属1種。地下茎から高さ約10センチメートルの細い枝をよく分枝する。葉は3枚が輪生し、長楕円(ちょうだえん)形、長さ0.5~1センチメートルで小さく、革質である。7~8月、枝先に3個ずつ輪生して、白色の小花が斜め下向きに開く。花冠は壺(つぼ)形で径約4ミリメートルで、縁は5浅裂する。萼(がく)は5全裂し、裂片は披針(ひしん)形で、雄しべは10本。果実は扁球(へんきゅう)形で直立し、萼が宿存しており、9~10月に成熟して5裂する。本州の鳥取県大山(だいせん)以東の高山、北海道、千島、カムチャツカに分布し、ハイマツ帯一面に広がって生える。鉢植えにして観賞もされる。名は、ツガザクラに似ていて、葉が小形であることによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone