コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルセット corset

翻訳|corset

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルセット
corset

特に 19世紀以降胸部から腰部にかけて体型を補正し,胴回りを細くみせるために主として女性に用いられた基礎下着の1つ。くじらひげなどを入れ,組ひもできつく締めて着用し,短期間ではあるが男性も用いた。時代によって名称や形は異なるものの,人工的に腰部を細くみせる風俗は古代より行われており,エーゲ文明の絵画や彫刻にもみることができる。 16世紀フランスではスペイン宮廷モードの影響を受け細い胴を強調したスタイルが好まれ,木や象牙などを入れて成形したバスキーヌ basquineが用いられ,のち刺し子状に縫って形づくったコール・ピケ corps piquéや 18世紀には何本ものくじらひげを縫込んだコール・バレネ corps baleinéなどが用いられた。現在は弾性繊維でつくられ伸縮性に富むガードルが主流であり,極端に胴を細くすることはあまり行われていない。

コルセット
corset

主として脊椎を保護したり矯正したりするための医療用具。脊椎カリエスなどの病気や,外傷に対して,脊椎の固定,支持などを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルセット(corset)

胸から腰にかけて、体形を整えるために着用する婦人用下着。
整形外科で、脊柱の固定・矯正などの目的で用いられる補装具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルセット

(1)女性用下着の一種。胸部の下から腰部にかけての体形を整えるためのもの。鯨のひげや鋼で形づけ,綿,絹,ナイロン,ゴム布などで作られる。16世紀ごろから19世紀末まで広く用いられていたが,19世紀にはコルセットの締めつけがあまりにきつくなったため女性の身体に負担がかかり,健康を損なうとして社会問題となった。
→関連項目下着ビオネファウンデーション

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルセット【corset】

胸部から腹部にかけての体形をととのえるために用いる女性用下着の一種。語源は胴体を意味するフランス語のコールcorpsからきているとみなされている。フランスではバスキーヌ,コール・ピケ,コール・バレネなどと,時代によって名称も変化し,イギリスではステイ(ズ)stay(s)と呼びならわされていたが,18世紀ごろからコルセットと呼ばれるようになった。金属,皮革,麻,綿,絹,ナイロンなどを用い,横にしわができないように鯨のひげ,象牙などで成形されたものも見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コルセット【corset】

胸の下から腰までを締めつけて細く見せるための婦人用下着。鯨の軟骨などで形作られている。
整形外科で、患部の支持・固定・矯正などの目的で体幹部につけるかたい装具。 → ギプス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルセット
こるせっと
corset

胸下から腰部までを覆い、主として胸を支え、ウエストの細さを強調するために用いられる下着の一種。衣服の流行に適応した体型を得るために、本来の体の線を補正、矯正するものとして、すでに古代クレタ時代以来この種の下着は存在していたが、コルセット(フランス語ではコルセ)の語が用いられるようになったのは19世紀以降のことである。
 コルセットの起源は紀元前18世紀のクレタの小像にみられる。この小像は、芯(しん)入りの胴衣でウエストを極度に細め、その上端で胸部を誇らしげに持ち上げている。続く古代ギリシア・ローマの緩やかな衣服の流行では、帯状の紐(ひも)を胸から腰にかけて巻き付けるゾーナzonaが用いられたが、これは胸を支えるのが目的であり、ボディラインを再構成するものではなかった。中世は、胸、ウエスト、ヒップの輪郭をはっきりと描く服型が流行した時代であり、フランス語のコルセの語がみられる。しかし、このときのコルセは下着ではなく、胴部を細く形づくるためにドレスの上に着用された、男女両用の袖(そで)なしの胴衣であった。
 コルセットの原型は、16~18世紀の女子服を支配したフープスカートの流行によって生まれたコールcorpsである。ぴったりと体にあった身頃(みごろ)と細い胴、そこから対照的に広がったスカートという構成のこの服装は、木、骨、鯨骨、鋼(はがね)などの硬い芯(バスクbusk)を縫い込んだ特殊な胴衣(コール)を生み出し、以後、数世紀にわたって、女性にその優雅な衣服外形と引き換えに、肉体的苦痛を味わわせたのである。この間コールは、フランスでは、バスキーヌbasquine、コール・ピケcorps piqu、コール・バレネcorps baleinなど、その構成上の特徴を示す名称がつけられてきた。イギリスではステイズstaysとよばれた。これらは、前胴部に装飾を施して固く形づけ、レーシング(紐締め)によって着脱した。フランス革命時の自然への指向で、高いウエストラインから筒状に落ちるシルエットが流行すると、一時、自然のボディラインを壊す下着が放棄された。しかし、続く19世紀には、女性はふたたび固い枠の中に閉じ込められ、どの時代の女性にもまして「コルセットの苦しみ」を味わうことになったのである。
 19世紀初期、服型がエンパイアスタイルに移行すると、細い胴をつくるのではなく、胸を整えるための、体にぴったりとした下着が必要になり、かつてのコールにかわって「コルセット」が登場した。コルセットは、1810年ごろからウエストラインがふたたび下降するにつれて、しだいに長くなり始め、腰まで届くようになる。やがて1830年代のロマンチックな時代思想のなかで、膨らんだスカートと細い胴は、幻想的雰囲気を演出する重要な要素として使われる。このころ、紳士の間でも胴を細くするためにコルセットが流行している。
 19世紀のコルセットは、外衣の流行に伴いさまざまに変化するが、とくに技術的変化が著しかった。体の曲線を出すための複雑な裁断技術や綿密なステッチは、16世紀以来改良が続けられていたが、19世紀に入ると、各種の改良、発明が相次いだ。1828年には金属の鳩目(はとめ)が創案され、ルネサンス以来の糸でかがった紐通し穴にとってかわった。これにより、強い紐締めが可能になった。1847年には、前中央をクリップで留める形式が現れ、着脱がより容易になった。
 コルセットは、目の詰まった白い綿布(クチcoutil)でつくられることが多かったが、高価なものには美しい色物の絹サテンやレースが用いられた。19世紀なかばには、ミシンの実用化で、コルセット製造は工業生産へと移っていった。このころから、当時のファッション・ブックにはコルセットの広告が競って出されるようになり、19世紀末期にかけて、美しく、装飾的なコルセットが生み出されていく。1910年代以降は、姿態を直線的に形づくろうとする傾向が現れ、コルセットは腰から下の部分が長く、上部が短くなり、1920年代にはブラジャーと、腰部のみを覆うガードルgirdleへと、その機能が分割されていったのである。
 今日では、自然のボディラインが尊重され、そのため伸縮性のある素材の開発が進み、体を束縛しない柔らかいコルセットともいうべきボディスーツbody-suits(オールインワンall-in-one)やガードルが用いられている。[深井晃子]

医療用コルセット

整形外科で脊椎(せきつい)疾患の治療に広く用いられている体幹用補装具をいい、前述のコルセットに由来する。罹患(りかん)脊椎の固定や負荷の軽減、脊柱変形の矯正、背腰筋の筋力低下の補助、腰痛の軽減などの目的で使われ、軟性コルセット、硬性コルセット、金属枠(わく)コルセット、矯正コルセットなどがある。イギリスやアメリカでは軟性コルセットに相当するものをコルセットといい、その他のものはバック・ブレイスback braceとよんでいる。軟性コルセットはダーメンコルセットDamenkorsett(ドイツ語)ともよばれ、縦の芯(しん)入りの布製で固定力が硬性のものより弱く、おもに腰痛軽減の目的で腰椎性疾患に広く使われる。硬性コルセットは支柱付きの硬いプラスチック製で、骨折などの脊椎外傷、炎症や腫瘍(しゅよう)などの脊椎疾患に用いる。金属枠コルセットは金属の支柱と枠だけのものである。矯正コルセットは硬性で、脊柱側彎(そくわん)症にもっとも多く用いられている。[永井 隆]
『セシル・サンローラン著、深井晃子訳『女性下着の歴史』(1989・エディション・ワコール)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコルセットの言及

【腰】より

…膨らんだ下半身の上に高くくびれた腰を強調する服飾が現れたのは18世紀からで,フランス人形のような貴婦人たちがルイ王朝の宮廷を闊歩した。S.T.vonゼンメリングが1785年,コルセットで締め上げて空前絶後のハチ腰をしたロココの全盛時代に,その害を詳細に述べているが,コルセットの流行は庶民の間に及び最近まで続いた。クールベの《泉》の少女の腰はコルセットによって締められた腰の典型である。…

【胴】より

…古代ギリシアの彫像は男女ともに自然のままの太い胴である。スパルタやアテナイの女性が着た衣装のペプロスキトンは胴の形を変えなかったが,その胴を締めたひもが幅広くなって,後に胴布やコルセットになる基となった。キリスト教は女性の性的特徴を包み隠すよう要求したから,胴布の最初の目的は胴全体を細く見せることだった。…

※「コルセット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルセットの関連キーワードハウ(Elias Howe)マリーアントワネットドレスthree in oneレーザー・レーサー水着ボンデージファッションオール・イン・ワンファンデーションアイーダ ゴメスポリウレタン繊維ブラジャーの歴史腰部脊柱管狭窄症若年性脊柱後彎ポール ポアレオールインワンキャミソールランジェリー変形性脊椎症脊椎すべり症コースレットネグリジェ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルセットの関連情報