改良服(読み)かいりょうふく

世界大百科事典 第2版の解説

かいりょうふく【改良服】

自然の身体をゆがめるコルセットや帯,過剰な装飾などで形作られた女性の衣服を,活動的に改良したもの。日本では明治以降,女性の社会的進出がみられるようになると,袖が長くお端折りや幅の広い帯などを必要とする活動的でない着物の不便さが指摘されるようになった。《女学雑誌》などで和服か洋服かの論争が展開され,〈女らしさ〉の視点からだけでなく衛生などの面からも,帯やコルセットなどが批判された。しかし,洋服の活動性が注目され,〈ペティコート風の下衣をつくれ〉(《女学雑誌》第53号,1887),〈女性にもフランネル股引を〉(同第138号,1888),〈女学生の制服の袖を切り筒袖に〉(同第59号,1887)などの声も出て改良が試みられ,同時に髪形束髪が普及した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android