コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチャ コルチャKorçë

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルチャ
Korçë

アルバニア南東部,コルチャ地区の行政中心地。モラバ山麓の標高 835mの盆地に位置する。国の主要なコムギ栽培地域で,テンサイの栽培,加工も主産業の一つ。醸造,繊維,皮革などの工場もある。 15世紀にこの地方出身のイスラム教徒貴族によって建設されたイスラム寺院を中心に発展した町で,のちに南アルバニアの民族独立運動の拠点となった。 1912年にギリシアに占領され,さらに4年間のフランス軍の支配ののち,アルバニアに返還された。第2次世界大戦中はイタリア軍,ギリシア軍,ドイツ軍に占領されたが,それに対する抵抗運動の中心地でもあった。人口6万 4100 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルチャ【Korçë】

アルバニア南東部,コルチャ盆地の中央部に位置する商業都市。人口6万5000(1990)。13世紀に文献に現れ,中世にはバルカン内陸部とアドリア海を結ぶ通商・交通の要地であった。第2次大戦中には,イタリア軍,ギリシア軍,ドイツ軍に占領され,パルチザン戦の舞台となった。砂糖・ビール・タバコ・繊維・ガラス工場があり,近郊では褐炭が採掘されている。マケドニアオフリトおよびビトラと道路で結ばれ,ティラナからは空路も通じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルチャの関連キーワードセミョーノフ(Grigoriy Mihaylovich Semyonov)ブレシコ・ブレシコフスカヤヤヌシュ・コルチャック賞鋼鉄はいかに鍛えられたかヤヌシュ コルチャック窓ぎわのトットちゃんズナメンスキー修道院セルゲイ サゾーノフキリル メレツコフトゥハチェフスキー二月革命(ロシア)オストロフスキーアニカ トールコルチャックセミョーノフソマ ガキエルバサン真田登久子桃井絵理香サゾーノフ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android