コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルフ[島] コルフ

百科事典マイペディアの解説

コルフ[島]【コルフ】

ギリシア西岸,イオニア諸島北端の島でギリシア領。コルフはイタリア名で,現代ギリシア語でケルキラ島という。オリーブ油ブドウ酒,オレンジを産する。観光地として国際的に有名。
→関連項目イオニア[諸島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルフ[島]【Corfu】

ギリシア西部イオニア諸島の最北部に位置し,狭い海峡をへだててギリシアならびにアルバニアに面する島。面積593km2,人口9万7000(1981)。現代ギリシア語の正式名はケルキラ島Nísos Kérkyra。南北に長く,北部には山が多いが,全体に水にめぐまれて豊穣である。島に400万本あるオリーブの木は良質のオリーブ油を産し,そのほかにブドウ酒や果物,トマトなどが作られる。コルフ島はイオニア諸島中最も美しく,人口が多く,観光地として広く知られていて,島の港にはイタリアのブリンディジとギリシア本土のパトラスおよびピレウスを結ぶ船が寄港し,空港は国際空港である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコルフ[島]の言及

【イオニア[諸島]】より

…総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。…

※「コルフ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルフ[島]の関連キーワードケルキラ[島]コルフ旧市街

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android