コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルフ コルフKorff, Hermann August

3件 の用語解説(コルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルフ
Korff, Hermann August

[生]1882.4.3. ブレーメン
[没]1963.7.11. ライプチヒ
ドイツの文学史家。フランクフルトライプチヒなどの大学教授を歴任。一般に理念史といわれる立場をとり,『ゲーテ時代の精神Geist der Goethezeit (4巻,1923~57) で知られる。ほかに『ファウスト的信念』 Faustischer Glaube (38) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルフ
こるふ
Hermann August Korff
(1882―1963)

ドイツの文学史家。ブレーメンの生まれ。ハイデルベルクとボンの大学で哲学およびドイツ語学・文学を学ぶ。1921年フランクフルト大学教授、23年ギーセン大学教授、25年ライプツィヒ大学教授となり、同地で死去。彼の文学史は理念史的方法をとるもので、おもな研究対象はドイツ古典主義ドイツ・ロマン主義。全5巻からなる『ゲーテ時代の精神』(1923~57)が主著。[西潟和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコルフの言及

【イオニア[諸島]】より

…総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。…

※「コルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コルフの関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルフの関連情報