コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロギス コロギス Prosopog japonica

3件 の用語解説(コロギスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロギス
コロギス
Prosopog japonica

直翅目コロギス科。体長 30mm内外。体は短太で頭部は幅広く,触角は糸状で非常に長い。肢は太く強壮で,後肢は跳躍肢であるが短い。体色は黄緑色で,前翅背部は褐色を帯び,頭部および前胸背には光沢がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コロギス【Prosopogryllacris japonica】

直翅目コロギス科の昆虫。コオロギキリギリスの二つの型をつなぐ中間型をしており,和名もこれによる。体長23mm内外。体はやや背腹に圧された感じの円筒状。全体黄緑色で,前翅の後半部は黄褐色をしている。頭部は大きく丸い。頭頂は滑らかでつやがある。触角はたいへん長く,体の3倍以上もある。前胸背板も大きくつやがある。前翅は長楕円状。コオロギやキリギリス類に見られるような発音器はもたない。したがって鳴くことはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロギス
ころぎす
[学]Prosopogryllacris japonica

昆虫綱直翅(ちょくし)目コロギス科の昆虫。コオロギ類とキリギリス類の中間の形態をもった、触角がきわめて長い虫。木の葉をつづる習性がある。体長25ミリメートル内外。全体淡黄緑色で、前翅の体の背面にあたる部は黄褐色。頭部は幅広くて丸く、頭頂は丸みがあって盛り上がる。触角は体の3倍以上もの長さがある。前胸背板は円筒形に近く、前縁および後縁のすぐ内側にそれぞれ凹溝がある。頭部と前胸背板にはつやがある。はねはよく発達し、前翅は長楕円(ちょうだえん)状、雄では発音器がなく、脈相は雌雄であまり差がない。後翅は前翅とほぼ同じ長さであるが、前翅の幅の約3倍もの大きさで透明。脚(あし)はいずれも太い。後ろ脚は跳躍肢であるが短く、実際にほとんど歩行にしか用いない。前脚と中脚の脛節(けいせつ)下縁には棘(とげ)を列生する。雄の腹端部は単純で、左右に長い尾角をもつ。雌の産卵管は体長よりやや短い程度で、刀剣状でやや上方に反っている。成虫は夏から秋にかけて出現し、昼間は口から出した糸で葉をつづって中にいるが、夜は外をうろつき回る。歩行は敏捷(びんしょう)で、肉食性。夜、灯火に飛来することもある。本州から九州にかけて分布する。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロギスの関連キーワードエンマコオロギシロギスオカメコオロギ閻魔蟋蟀螽蟖蟋蟀綴刺蟋蟀竈馬ころぎすコオロギ(蟋蟀)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone