コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンウェー Conway, Moncure Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンウェー
Conway, Moncure Daniel

[生]1832
[没]1907
アメリカの牧師,編集者,社会改革者,伝記作家。『トマス・ペイン伝』 Life of Thomas Paine (1892) は特に有名。ほかにカーライル,エマソン,ホーソーンらの伝記を残した。

コンウェー
Conway, Thomas

[生]1735.2.7.
[没]1800頃
アイルランド生れのフランスの軍人。 1749年フランス陸軍に入り,77年アメリカに渡って,独立軍の陸軍准将,検閲総監となる。 78年 G.ワシントン代りに H.ゲーツ将軍を推そうとする陰謀 (コンウェー陰謀事件) が暴露し職を追われた。 79年フランス陸軍に復帰,81~87年インドのフランス軍で活躍し,87年フランス領インド総督となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンウェー
こんうぇー
William Martin Conway
(1856―1937)

イギリスの登山家、探検家。ロチェスターに生まれ、ケンブリッジ大学卒業。芸術批評家として活躍。バロン・コンウェー・オブ・アーリントンに叙せられる。アルプスからカラコルム、スピッツベルゲン、アンデス、フエゴ島にまで足跡を伸ばした。イギリス山岳会会長も務めた。登山以外に山岳文学の面でもパイオニアであった。著書『ツェルマット必携』『カラコルムの夜明け』など。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

コンウェー

生年月日:1856年4月12日
イギリスの美術史家
1937年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

コンウェーの関連キーワードウイリアム・マーティン コンウェイファルチャン・カンリ[山]ハーフォード(伯・侯家)ハンス シュナイダームズターグ・タワー山ブロード・ピーク山バルトロ・カンリ山マッシャブルム山ガッシャブルム山カラコルム山脈コンコルディアラカポシ[山]ビアフォ氷河チョゴリザ山ヒスパー氷河微量拡散分析ホイットニーシュナイダーヒマラヤ山脈ウェールズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンウェーの関連情報