コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンウェー コンウェーConway, Moncure Daniel

4件 の用語解説(コンウェーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンウェー
コンウェー
Conway, Moncure Daniel

[生]1832
[没]1907
アメリカの牧師,編集者,社会改革者,伝記作家。『トマス・ペイン伝』 Life of Thomas Paine (1892) は特に有名。ほかにカーライルエマソンホーソーンらの伝記を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コンウェー
コンウェー
Conway, Thomas

[生]1735.2.7.
[没]1800頃
アイルランド生れのフランスの軍人。 1749年フランス陸軍に入り,77年アメリカに渡って,独立軍の陸軍准将,検閲総監となる。 78年 G.ワシントンの代りに H.ゲーツ将軍を推そうとする陰謀 (コンウェー陰謀事件) が暴露し職を追われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コンウェー
コンウェー
Conwy

イギリスウェールズ北部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地コンウェー。アイリッシュ海に臨む沿岸部にはペンマインマウルやグレートオームズヘッドなどの絶壁の岬があり,細長い帯状の低地が東のクルイド川河口に向かって伸びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンウェー
こんうぇー
William Martin Conway
(1856―1937)

イギリスの登山家、探検家。ロチェスターに生まれ、ケンブリッジ大学卒業。芸術批評家として活躍。バロン・コンウェー・オブ・アーリントンに叙せられる。アルプスからカラコルム、スピッツベルゲン、アンデスフエゴ島にまで足跡を伸ばした。イギリス山岳会会長も務めた。登山以外に山岳文学の面でもパイオニアであった。著書『ツェルマット必携』『カラコルムの夜明け』など。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コンウェーの関連キーワード雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎複成片麻岩内褶曲新派劇ブラバツキー田本研造

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンウェーの関連情報