コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンティウス[2世] Constantius II,Flavius Julius

世界大百科事典 第2版の解説

コンスタンティウス[2世]【Constantius II,Flavius Julius】

317‐361
ローマ皇帝。在位,副帝324‐337年,正帝337‐361年。コンスタンティヌス1世の第3子。父の死後一族を多数殺したのち3兄弟で統治し,彼は東方を支配した。軍制を整えてペルシアを討った。兄弟が死んだので一時ガルスを副帝としたがすぐに処刑,次いでユリアヌスにガリアを支配させた。両者はやがて不和になりユリアヌスがパリで正帝に推戴されたが,これを討とうとしたコンスタンティウスは急死した。彼はキリスト教神学論争に熱心で,アリウス派とカトリックの調停を図ったが失敗,アタナシオスを追放した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコンスタンティウス[2世]の言及

【マグネンティウス】より

…蕃族の出身でローマ軍に入隊して頭角を現して将軍となったが,350年,アウグストドゥヌム(現,オータン)で反乱を起こし,コンスタンス帝を殺させ,皇帝を僭称し,ガリアを中心とする帝国西部を支配した。しかし財政政策の失敗,異教徒優遇策などによりコンスタンティウス2世と対立し,351年ムルサの戦に敗れ,2年後,ガリアで自殺した。【秀村 欣二】。…

【ローマ】より

…283年にはさらにカリヌス(在位283‐285),ヌメリアヌス(在位283‐284)が立ったが,ディオクレティアヌス(在位284‐305)の即位をもって,混乱の軍人皇帝時代は終わる。
[第4期――専制君主政期(284‐395)]
 ディオクレティアヌスは統治と防衛をより効果的なものにするために,帝国を4分割し,自分とマクシミアヌスの2人を正帝とし,ガレリウスとコンスタンティウスを副帝とする四分治制(テトラルキア)を敷いた。彼の自発的退位(305)に際して再び起こった内乱のなかからコンスタンティヌス1世とリキニウスが勝ち残り,再度(313,314)の内戦ののちコンスタンティヌス1世が単独皇帝として残った(在位306‐337)。…

※「コンスタンティウス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンスタンティウス[2世]の関連キーワードコンスタンチウス2世コンスタンティウス2世アガトクレスマウリヤ朝ユリアヌス木曽(町)商鞅王羲之クリスプスコンスタンティヌス[2世]

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android