コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチーニ Concini, Concino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチーニ
Concini, Concino

[生]? フィレンツェ
[没]1617.4.24. パリ
フランス王ルイ 13世治世の初期,フランス宮廷内で権力をふるったイタリアの策士。フィレンツェの公証人の子。フィレンツェ時代からのマリ・ド・メディシスの側近で,フランス王妃となった彼女のもとにおもむき,その乳姉妹と結婚 (1601) 。アンクル侯 Marquis d'Ancreの称号を得,アンリ4世暗殺後,摂政となった王妃の側近となり,権勢をほしいままにしたが,新国王ルイ 13世に嫌われて暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンチーニの関連キーワードルイ[13世]リシュリューリュイーヌ公ルイ13世

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android