コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントゥム コントゥムKon Tum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コントゥム
Kon Tum

ベトナム中部,コントゥム省の省都。ホーチミン市の北北東約 430km,アンナン山脈中に広がるコントゥム高原の北部にある。標高約 520m。住民には少数民族であるバナ族が多い。古くからの商業中心地で,ゴマ,米などを集散し,皮革,ウマの市場もある。フランス植民地時代には政治犯を収容する刑務所があった。南約 50kmにあるプレイクと南シナ海沿岸の主要港ダナンを結ぶ幹線道路に沿う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コン‐トゥム(Kon Tum)

ベトナム中部、コントゥム省の都市。同省の省都。アンナン山脈南端の西麓に広がるコントゥム高原に位置する。バナル族をはじめ、少数民族が多く居住。コーヒー、茶を産する。かつてカトリックの布教拠点が置かれ、フランスと同地の伝統建築が融合した美しい木造教会が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コントゥム
こんとぅむ
Kontum

ベトナム中部、コントゥム省(人口31万4000。1999)の省都。人口3万4063(1989)。アンナン山脈西斜面にあるコントゥム高原の標高525メートル、メコン川支流のクロンブラ川右岸に位置する。かつてはカトリックの山地布教の中心地で、フランス領時代には監獄があった。周辺ではコーヒー、チャが栽培される。また、バナル人など20以上の少数民族が居住する。北方約75キロメートルには中部ベトナムの最高峰ゴクリン山(2598メートル)がそびえる。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コントゥムの関連キーワードタイグエン高原クアンガイビンディンジャライ省クイニョンカンボジアベトナムアトプーラオス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android