コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピューター・ウイルス こんぴゅーたーういるす/ういるす computer virus

翻訳|computer virus

1件 の用語解説(コンピューター・ウイルスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

コンピューター・ウイルス

一般語としてのコンピューターウイルスは、利用者が意図しないのにパソコンに保存され、実行するとファイル削除やデータ盗難などの破壊行為が行われるプログラム。厳密には、そうしたプログラムのうち、自然下に存在するウイルスのように、感染、潜伏、発症といった動作を行うものを指す。具体的には、単独のファイルとしては存在せず、他のプログラムやデータファイル一体化する(感染)、そのファイルが実行されるなどした際に動作を開始し、利用者に気づかれぬよう他のファイルにコピーを一体化させる(潜伏)、その後、開発者の設定した日時やタイミングなどをきっかけに破壊行為を行う(発症)といった動作。いずれも目的を持って作成されたものであり、自然発生したものではない。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピューター・ウイルスの関連キーワードウイルス定義ファイルノイマン型コンピューター非ノイマン型コンピューターモバイルコンピューターハイブリッドコンピューターミニコンピューター突然変異型コンピューターウイルスバックドア型コンピューターウイルスボードコンピューターミューテーション型コンピューターウイルス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンピューター・ウイルスの関連情報