コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピューター・ウイルス こんぴゅーたーういるす/ういるすcomputer virus

翻訳|computer virus

1件 の用語解説(コンピューター・ウイルスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

コンピューター・ウイルス

一般語としてのコンピューターウイルスは、利用者が意図しないのにパソコンに保存され、実行するとファイル削除やデータ盗難などの破壊行為が行われるプログラム。厳密には、そうしたプログラムのうち、自然下に存在するウイルスのように、感染、潜伏、発症といった動作を行うものを指す。具体的には、単独のファイルとしては存在せず、他のプログラムやデータファイル一体化する(感染)、そのファイルが実行されるなどした際に動作を開始し、利用者に気づかれぬよう他のファイルにコピーを一体化させる(潜伏)、その後、開発者の設定した日時やタイミングなどをきっかけに破壊行為を行う(発症)といった動作。いずれも目的を持って作成されたものであり、自然発生したものではない。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンピューター・ウイルスの関連情報