コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーダー城 コーダージョウ

2件 の用語解説(コーダー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コーダー‐じょう〔‐ジヤウ〕【コーダー城】

Cawdor Castle》英国スコットランド北部の都市インバネスの郊外にある城。現存する最も古い部分は14世紀に造られた塔と考えられる。17世紀に現在見られる姿になった。庭園の美しさと豪華な調度品、そしてシェークスピアの悲劇「マクベス」の舞台となった城として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

コーダーじょう【コーダー城】

イギリスのスコットランド北西部、ハイランド地方唯一の都市インバネスInverness)近郊にある古城。コーダー城の原型が建てられたのは14世紀で、この一帯の領主のコーダー家の居城である。シェークスピアの四大悲劇の一つ『マクベス』の舞台(マクベスの居城のモデル)となった城として有名だが、マクベスは11世紀のスコットランド王なので、実際はマクベスと関係はない。城内のソーンツリールームという丸天井の部屋には、この城の由来を語るイバラの木がある。中世の城の佇まいとともに手入れの行き届いた庭園も一見の価値がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーダー城の関連キーワードスコットランドヤードハイランドハイランドゲームズローランドエコセーズゼットランド諸島スコットランド室内管弦楽団ベン・ネビス[山]スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone