コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーチゾン cortisone

翻訳|cortisone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーチゾン
cortisone

コルチゾンともいう。副腎皮質ホルモンの一つ。生命の維持に欠くことのできないホルモンで,炭水化物,蛋白質,脂肪,塩類,水の代謝,保持の生理作用をもっている。 1948年アメリカの E.ケンドルと P.ヘンチは,慢性関節リウマチとその関連疾患,各種のアレルギー病,急性白血病,結合組織の各種の炎症の症状の緩解,改善にコーチゾンを応用することに成功し,スイスの T.ライヒシュタインとともに,50年のノーベル生理学・医学賞が授けられた。コーチゾンと同様の臨床効果は,同じ副腎皮質ホルモンで,より強力な作用のあるハイドロコーチゾンによっても得られる。ハイドロコーチゾンの合成誘導体は,自然のホルモンより有効で副作用が少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コーチゾンの関連キーワードエドワード・カルビン ケンドル糸状虫症(フィラリア症)グルココルチコイドコルチコステロンヒドロコルチゾンデキサメサゾン副腎性器症候群ベタメサゾンウッドワード抗白血病薬ステロイド甲状腺発症ハギンズACTHカビ副腎情動

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android