コードウェル(読み)こーどうぇる(英語表記)Christopher Caudwell

日本大百科全書(ニッポニカ)「コードウェル」の解説

コードウェル
こーどうぇる
Christopher Caudwell
(1907―1937)

イギリスの批評家本名クリストファー・セント・ジョン・スプリッグSt. John Sprigg。スペイン内戦において共和政府側の義勇軍に参加して1937年2月12日に29歳で戦死した。マルクス主義立場にたつ鬼才で、航空術を身につけ、航空雑誌を発刊したり、探偵小説を書くなど多才ぶりを発揮した。代表作は、マルクス主義に立ちながら文化人類学や神話学の知識を投入して、詩の源泉を跡づけようとした批評『幻影と現実』(1937)。ほかに、没後刊行された『落する文化の研究』(1938)、同続編(1949)、拾遺集『ロマンスとリアリズム』(1970)などがある。

[出淵 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コードウェル」の解説

コードウェル
Caudwell, Christopher

[生]1907
[没]1937
イギリスの批評家,小説家。本名 St. John Christopher Sprigg。マルクス主義の立場から著作活動を行い,詩論幻想と現実』 Illusion and Reality (1937) は大きな影響力をもった。スペイン内乱に参加して戦死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android