コーポラティブハウス(読み)こーぽらてぃぶはうす(英語表記)cooperative house

知恵蔵「コーポラティブハウス」の解説

コーポラティブハウス

入居希望者が集まって建設組合をつくり、共同マンションの建設を進める住宅コープ住宅とも呼び、参加者の好みを生かしたマンションを経済的に入できる。全国で約1万戸の実績がある。発祥地欧米では、建物を居住者組合が所有する賃貸住宅として発達し、建物完成後は区分所有になる日本のは、建設型コープ(building cooperative)と呼ばれ区別される。

(小林秀樹 千葉大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コーポラティブハウス」の解説

コーポラティブハウス
cooperative house

入居希望者が組合をつくって共同で建設する集合住宅。土地の購入から共同部分の設計,さらに工事まで共同で進め,住居部分にも自由度をもたせている。入居者の好みに合った住まいを経済的に入手できる方法といえる。共同といってもその具体的な方式にはさまざまある。住宅・都市整備公団 (→都市再生機構 ) のグループ分譲住宅も,同様の組合方式を一部に採用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典「コーポラティブハウス」の解説

コーポラティブハウス

居住予定者が組合を作って建設する集合住宅。土地の購入、設計や工事の発注まで居住予定者が行うため手間がかかるが、希望を生かした住居が経済的に入手できる。入居者が自主的に組織を作る方式、専門家や公的または民間の事業主体が企画し、参加者を募集する方式がある。◇和製語。コーポラティブ(cooperative)+ハウス(house)。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「コーポラティブハウス」の解説

コーポラティブ‐ハウス

〙 (cooperative house) 住み手が集まって協同組合方式で建てる集合住宅。各世帯が個別に設計することができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android