コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールブルックデール橋 コールブルックデールきょう

百科事典マイペディアの解説

コールブルックデール橋【コールブルックデールきょう】

世界最初の鉄橋。1779年英国のセバーン川コールブルックデールCoalbrookdaleにかけられた鋳鉄製の橋で,全長60m,支間長31m。コールブルックデールはA.ダービーが興した18世紀以来の製鉄の町。
→関連項目ウィルキンソン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールブルックデールきょう【コールブルックデール橋 Coalbrookdale Bridge】

イギリス,イングランド西部,コールブルックデールの町のセバーン川にかけられた世界最初の鉄(鋳鉄)の橋。1779年完成。現在ではアイアンブリッジ(鉄の橋)と改名されている。それまでの石橋に似た半円形アーチ橋で,全長60m,支間長31m,幅約7mの道路橋である。産業革命のさなか,この地は製鉄業中心地の一つであったが,製鉄用原料の渡船による運送の不便さを解決するため,A.ダービー世ら地元企業家有志によって架橋が計画され,この橋が建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールブルックデール橋
こーるぶるっくでーるきょう
Coalbrookdale Bridge

イギリスのセバーン川上流のコールブルックデールに架けられた鋳鉄製アーチ橋。世界最初の鉄橋で、1779年に製鉄業者ダービーによって架けられた。現在はザ・アイアン・ブリッジとよばれている。支間約30メートル、使用された鉄の総重量は約380トン。近年、保存のための大改修が行われたが、原形はよく保たれており、橋梁(きょうりょう)技術史上の貴重な遺産となっている。[堀井健一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコールブルックデール橋の言及

【ウィルキンソン】より

…コークス高炉法,鋳鉄砲の中ぐり法などをくふうし,75年高精度の円筒中ぐり盤を製作,これによるシリンダーの加工によりワットの蒸気機関実用化の道を開いた。彼はこのほか,A.ダービー3世との協力で世界最初の鋳鉄橋(コールブルックデール橋)の架設(1779)にも貢献,また自社製品の河川輸送用に世界最初の鉄船を製作した。【原 善四郎】。…

【橋】より

…棒状部材を組み立てたトラスは,このころイタリアのA.パラディオにより考案されたが,実際に初のトラス橋をつくったのは1757年,スイスの大工グルベンマン兄弟Hans Ulrick & Johannes Grubenmannで,彼らはその後もライン川に支間100mを超す木造トラス橋を架けている。 産業革命を契機として,橋の材料も人工の鉄が大量に使えるようになり,1779年イングランド,セバーン川の上流に世界初の鉄の橋コールブルックデール橋が建設された。支間30.5mのアーチ橋である。…

※「コールブルックデール橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コールブルックデール橋の関連キーワード鉄骨構造

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android