コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴリオ爺さん ゴリオじいさんLe Père Goriot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴリオ爺さん
ゴリオじいさん
Le Père Goriot

フランスの小説家バルザックの小説。 1835年刊。『人間喜劇』中の「私生活情景」に含まれる。2人の娘への盲目的な愛情のためにすべてを犠牲にした父親の悲劇を描く。ゴリオを葬った墓地の高みから,青年ラスチニャックが夕暮れのパリの灯を眺め,「さあ,俺と勝負だ」と社会の征服に乗出してゆく最後の場面は有名。作中人物が他の小説にも登場する「人物再現」の方法を初めて採用した作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴリオじいさん〔‐ぢいさん〕【ゴリオ爺さん】

《原題、〈フランス〉Le Père Goriotバルザック長編小説。1834~1835年刊。上流階級の衰退と庶民階級の興隆を背景に、二人の娘に捨てられる老人の悲劇を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴリオ爺さん【ゴリオじいさん】

バルザックの小説。《人間喜劇》の一つ。1834年―1835年作。パリの下宿屋に隠居する落ちぶれたゴリオが,二人の娘に財産をつぎこむ盲目的父性愛と,報われないままの悲惨な死にからませて,貧乏な田舎の青年ラスチニャックの上流社会への野心などを多彩に描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴリオじいさん【ゴリオ爺さん】

バルザックの長編小説。1834~35年刊。溺愛できあいする二人の娘に裏切られて悲惨な最期を遂げる老人を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ゴリオ爺さんの関連キーワードオノレ・ド・バルザック(1799~1850)鈴木 健郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android