コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴープラム ゴープラム gopuram

2件 の用語解説(ゴープラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴープラム
ゴープラム
gopuram

インドのドラビダ型建築ヒンドゥー教寺院に特有の高大な石造の楼門。プランは横に長い長方形で,中央部に通路を設けた初層の上に多層,四角錐台状の高塔を載せ,その表面を神像,人物像,鳥獣像などで濃密に飾り,最上部にかまぼこ形の屋根を置く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゴープラム(〈梵〉gopuram)

ヒンドゥー教建築の寺院の門。ピラミッド形の高層のものが多く、石、またはれんが造りで、外面に彫刻がほどこされている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゴープラムの言及

【インド美術】より

…北型はインド北半の広い地域に分布し,本殿(ビマーナ)の屋根が砲弾形の高い尖塔を形成し,カジュラーホやブバネーシュワルの諸寺がその代表である。南型の本殿の屋根はピラミッド状で,時代が下るとともに本殿よりも楼門(ゴープラム)を高くする傾向が強い。その代表例は,カーンチープラム,タンジョール(タンジャーブール),マドゥライなどタミル・ナードゥ州に多い。…

【シカラ】より

…南型建築では,ビマーナの方錐高塔部の頂にある小屋根をいい,その形式はさまざまである(図2)。またゴープラムgopuram(楼門)やその他の建物の頂の小屋根もシカラという。【肥塚 隆】。…

【ヒンドゥー教美術】より

…これらのうちカジュラーホやブバネーシュワルの諸寺は北型建築を代表し,本殿が砲弾形の高塔形式をとる。それに対しタミル地方を中心に分布する南型では本殿の屋根はピラミッド状で,囲壁の正面または四辺にゴープラムgopuramと呼ばれる楼門を建て,ゴープラムは時代が下るとともに高大さを誇るようになる。ホイサラ朝の寺院は中間型と呼ばれ,南北両型の折衷である。…

※「ゴープラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴープラムの関連キーワードヒンドゥー教建築ヒンズーヒンズー教ヒンドゥードラビダ族スリマリアマン寺院ペナンのスリマリアマン寺院カーンチープラムヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone