コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴープラム ゴープラムgopuram

2件 の用語解説(ゴープラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴープラム
ゴープラム
gopuram

インドのドラビダ型建築ヒンドゥー教寺院に特有の高大な石造の楼門。プランは横に長い長方形で,中央部に通路を設けた初層の上に多層,四角錐台状の高塔を載せ,その表面を神像,人物像,鳥獣像などで濃密に飾り,最上部にかまぼこ形の屋根を置く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゴープラムの言及

【インド美術】より

…北型はインド北半の広い地域に分布し,本殿(ビマーナ)の屋根が砲弾形の高い尖塔を形成し,カジュラーホやブバネーシュワルの諸寺がその代表である。南型の本殿の屋根はピラミッド状で,時代が下るとともに本殿よりも楼門(ゴープラム)を高くする傾向が強い。その代表例は,カーンチープラム,タンジョール(タンジャーブール),マドゥライなどタミル・ナードゥ州に多い。…

【シカラ】より

…南型建築では,ビマーナの方錐高塔部の頂にある小屋根をいい,その形式はさまざまである(図2)。またゴープラムgopuram(楼門)やその他の建物の頂の小屋根もシカラという。【肥塚 隆】。…

【ヒンドゥー教美術】より

…これらのうちカジュラーホやブバネーシュワルの諸寺は北型建築を代表し,本殿が砲弾形の高塔形式をとる。それに対しタミル地方を中心に分布する南型では本殿の屋根はピラミッド状で,囲壁の正面または四辺にゴープラムgopuramと呼ばれる楼門を建て,ゴープラムは時代が下るとともに高大さを誇るようになる。ホイサラ朝の寺院は中間型と呼ばれ,南北両型の折衷である。…

※「ゴープラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone