コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールデン・トライアングル ごーるでん・とらいあんぐる Golden Triangle

2件 の用語解説(ゴールデン・トライアングルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ゴールデン・トライアングル

インドシナ半島の深部、タイ、ミャンマーラオス3国がメコン川で接する山岳地帯のこと「黄金の三角地帯」ともいう。世界最大規模の麻薬・覚醒剤密造地帯として知られ、米国の支援を得ていたミャンマーの少数民族シャン族の開放組織「モン・タイ」の軍司令クン・サタイが作り上げた。2002年、ミャンマー政府はケシ栽培禁止令を出したが、米国の麻薬取り締まり強化、07年のクン・サタイの死を経ても、貧しい農民の大きな収入源として栽培され続けている。一方、タイでは茶やコーヒーなどへの転作援助も広がり観光地化する傾向が出てきている。また、90年代に計画された中国・昆明からタイ・バンコクまで1800キロを結ぶ高速道路「南北回廊」が中国の主導で出来上がり、06年には日本の政府開発援助などで「第2メコン国際橋」が完成、全長1450キロの「東西回廊」が全通した。これにより、人件費が高騰してきた中国に替わる「世界の工場」となることが期待されている。

(2012-09-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴールデン・トライアングル

〈黄金の三角地帯〉の意で,タイ,ミャンマー,ラオスの3国がメコン川で接する山岳地帯。ケシ栽培が盛んで,世界最大の麻薬生産地としてこの名がある。この地域は山地民族であるメオ族(ミヤオ族),ヤオ族,アカ族,リス族ラフ族,ラワ族(ルア族)などの少数民族が焼畑耕作を営む。
→関連項目シャン[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ゴールデン・トライアングルの関連キーワードインドシナ半島マレー半島ミャンマー印度支那チャンパー東インドインドシナイエライシャンミャンマーのゾウコクジャク(小孔雀)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴールデン・トライアングルの関連情報