ゴ・ディン・ジェム(英語表記)Ngo Dinh Diem

世界大百科事典 第2版の解説

ゴ・ディン・ジェム【Ngo Dinh Diem】

1901‐63
ベトナム共和国(南ベトナム)の初代大統領。フエのカトリック系官人の出身で,早くから親米反共民族主義者として知られた。1954年バオダイ・ベトナム国の首相に任命され,55年国民投票によりベトナム共和国大統領に就任した。その出身,宗教のせいか大衆の支持が得られず,同族,カトリックによる反共ファッショ体制をとった。外交ではジュネーブ協定を無視し,アメリカの援助に依存してベトナム民主共和国(北ベトナム)を敵視する政策をとった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゴ・ディン・ジェムの言及

【インドシナ戦争】より

…第1次インドシナ戦争の終結である。
【第2次インドシナ戦争】
 ジュネーブ会議後17度線以南にはゴ・ディン・ジェム大統領の下にベトナム共和国(南ベトナム)が生まれ,以北にはホー・チ・ミン大統領の下にベトナム民主共和国(北ベトナム)が成立した。民主共和国ではインドシナ共産党の指導の下に,土地改革から合作社化へと急速な社会主義体制づくりが進められた。…

【ベトナム】より

…同年のジュネーブ会議により,ベトナムは北緯17度線を境に北を民主共和国,南をバオダイ・ベトナム国の統治にゆだね,3年後に統一選挙が施行されることになった。しかし翌55年バオダイを廃してベトナム共和国初代大統領に就任したゴ・ディン・ジェムは,アメリカの軍事・経済援助を背景に,南北分割の恒久化を図って民主共和国と対立し,一方,国内では土地改革に失敗して,旧ターディエン(借佃。小作人)層の反乱を引き起こした。…

※「ゴ・ディン・ジェム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android