サイイド・ムハンマドの反乱(読み)サイイドムハンマドのはんらん

世界大百科事典 第2版の解説

サイイドムハンマドのはんらん【サイイド・ムハンマドの反乱】

アフリカ東部のソマリアで1899年から21年間も続いた民族主義的反乱。指導者サイイド・ムハンマドSayyid Muḥammad(1864ころ‐1920)はサリヒーヤ団というイスラム教団の指導者で,イギリス植民地主義者によりイスラムが壊滅の危機にしているとの宗教的危機感を人々に訴え,部族の枠を越えた民族的反乱をイギリス領ソマリアを中心に展開した。1899年にイギリス総督に宣戦を布告,1900‐02年にはイギリスが南アフリカのボーア戦争に手こずっているのに乗じて攻勢に出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android