サイイド・ムハンマドの反乱(読み)サイイドムハンマドのはんらん

世界大百科事典 第2版の解説

サイイドムハンマドのはんらん【サイイド・ムハンマドの反乱】

アフリカ東部のソマリアで1899年から21年間も続いた民族主義的反乱。指導者サイイド・ムハンマドSayyid Muḥammad(1864ころ‐1920)はサリヒーヤ団というイスラム教団の指導者で,イギリス植民地主義者によりイスラムが壊滅危機しているとの宗教的危機感を人々に訴え,部族の枠を越えた民族的反乱をイギリス領ソマリアを中心に展開した。1899年にイギリス総督に宣戦布告,1900‐02年にはイギリスが南アフリカボーア戦争に手こずっているのに乗じて攻勢に出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android