コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイマル放送 さいまるほうそう

3件 の用語解説(サイマル放送の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サイマル放送

同じ時間に、複数のチャンネル・放送方式を使って、同じ番組を放送すること。サイマルキャストともいう。現在、地上デジタルテレビ放送がこれにあたり、アナログ放送と同じ番組を放送している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サイマル‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【サイマル放送】

simultaneous broadcasting》同じ時間帯に同じ番組を異なるチャンネル・放送方式・放送媒体などで放送すること。テレビ・ラジオ、AMFM地上デジタルテレビ放送衛星放送ワンセグ放送などの組み合わせがある。インターネットなどのIPネットワーク上で電波による放送と同内容のものを配信する場合は、IPサイマル放送呼ばれる並行放送。サイマルキャスト。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイマル放送
さいまるほうそう
simultaneous broadcastingsimulcast

ラジオやテレビの放送局が放送している番組を、異なる周波数のチャンネルや他の放送方式で同時に放送すること。サイマルキャストともいう。同時並行の放送が可能な放送方式としては、おもにテレビ放送用に使われている地上波デジタル放送衛星放送ワンセグ放送のほか、ラジオAM放送FM放送短波放送などがある。インターネットなどのIPネットワークを使って配信される場合は電波利用の場合と区別し、IPサイマル放送simulcast over IPとよぶ。
 2003年(平成15)12月に地上波デジタル放送が開始されてからアナログ放送が完全停波した2011年7月24日までの間は、デジタルとアナログ放送が並行放送されるサイマル放送が日本中で行われていた(岩手、宮城、福島の3県は2012年3月31日にアナログ放送を終了)。また、日本放送協会(NHK)ではラジオ第1放送のおもな番組を国際放送として、短波放送と衛星ラジオ放送を通じたサイマル放送で行っている。都市部の建物の高層化、モーターや無線通信などの雑音源が増えているため、とくにラジオ放送の聴取環境が悪化しており、スマートフォンやパソコン、インターネット対応ラジオなどを通じたIPサイマルラジオ放送の利用が増えている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイマル放送の関連キーワードブロードサイマルSPOOL同時マルチスレッディングブロード攻撃並行放送broad-leaved dockBroad Peakbroad weevilsimultaneous or spatial contrast

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイマル放送の関連情報