コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短波放送 たんぱほうそう shortwave broadcasting

6件 の用語解説(短波放送の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短波放送
たんぱほうそう
shortwave broadcasting

短波を利用した放送で,出力が小さくても遠距離の地帯に放送できる利点をもち,国際放送や国内の広域放送に使われる。ただ,短波放送電離層に反射して伝わるので,デリンジャー現象などの障害を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんぱ‐ほうそう〔‐ハウソウ〕【短波放送】

短波を用いて行う放送。遠距離まで伝わる特性があるので国際放送に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

短波放送【たんぱほうそう】

比較的遠距離に伝搬する,6〜30MHz短波を利用した放送。遠隔地向けの国内放送や海外放送に使われる。日本の国内放送は日本短波放送会社,海外放送NHKが行っている。
→関連項目放送ラジオ放送

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たんぱほうそう【短波放送】

6~30MHzの短波を使った放送。電離層の反射によって遠距離に伝搬するので,もっぱら国際放送に利用されている。第2次大戦前のドイツの宣伝戦に利用されたことで注目を浴びるようになった。しかし,国際関係の複雑化が進行するにつれ,短波帯の使用は過密化し,それぞれの国はより強力な電波で短波放送を行おうとする結果,混信問題がつねに生じている。日本ではNHKが国際放送を短波帯で行っているほかに,日本短波放送が唯一の国内向けの短波放送サービスを行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんぱほうそう【短波放送】

短波帯を用いた放送。小電力で遠隔地に届くため、海外向け放送が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短波放送
たんぱほうそう
short-wave broadcasting

3~30メガヘルツの短波帯電波を使用して行う音声放送。短波帯の電波は地上200~400キロメートルに存在する電離層(F層)によって反射され、3000~4000キロメートル離れた所まで伝わる。さらに地表面と電離層の間で反射を繰り返しながら地球の裏側にまでも伝わっていく。短波帯電波のもつこの特色から、短波放送はもっぱら国際放送に用いられている。しかし変動しやすい電離層を利用する放送だけに、受信側には音が大きくなったり小さくなったりするフェージング現象が現れ、音質の劣化は避けられない。また、放送対象地域により使用に適した周波数が存在するが、これも電離層の状態に応じて年、季節、日、時刻によって変化する。したがって、短波放送は複数の周波数を用いて放送され、これもときどき変更される。
 日本における短波放送には、NHKの国際放送「NHKワールド・ラジオ日本」と、日経ラジオ社の国内放送「ラジオNIKKEI」とがある。「NHKワールド・ラジオ日本」は日本語を含め、英語など18の言語を用いて1日延べ58時間40分世界各地に日本からの情報を送り続けている(2014年時点)。また中国国際放送、KBSワールドラジオ(韓国)、ベトナムの声、ロシアの声などのように、日本向けに日本語放送を行っている外国の放送局もある。なお、短波帯電波による国際放送を実施している放送局として、ヨーロッパではイギリスの「BBC world service」、またアメリカでは「Voice of America(VOA)」が有名である。これらの国際放送実施局では、その受信報告に対してそれぞれ特色のある受信確認証verification card(ベリカード)を発行しており、これを求める短波放送愛好者も多い。[木村 敏・吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の短波放送の言及

【ラジオ】より

…後述するミニFM放送などが境界線上に位置している。
【ラジオ放送】

[分類]
 ラジオ放送は,利用する電波の周波数によって中波放送,短波放送,超短波放送に分けられたり,あるいは,その変調方式から,振幅変調のAM放送(中波)と周波数変調のFM放送(超短波)に分けられたりする。AM放送は広いサービス範囲と簡便な受信形態に,短波放送はその電波の到達距離の長さから主として海外放送への利用に,またFM放送は高品質とステレオ放送にそれぞれその特徴がある。…

※「短波放送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

短波放送の関連キーワードE層短波超短波D層電離層非連動データ放送連動データ放送デリンジャー効果独立放送局アレシボ電離層観測所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短波放送の関連情報