サイロ(読み)さいろ(英語表記)silo

翻訳|silo

日本大百科全書(ニッポニカ)「サイロ」の解説

サイロ
さいろ
silo

サイレージをつくるため、材料の牧草や青刈り作物など高水分の飼料を詰めて乳酸発酵させ、貯蔵する構造物。構造上必要な条件は、気密性が保持できること、構築材料とくに内壁の材料は耐酸性であること、排汁口(溝)が設けられ、サイレージの詰め込み、取り出し作業が容易で、しかも変質が防止できることなどである。したがってサイロは、乾草をつくりにくい地域に多く建設される。日本のサイロは、乳牛の飼育頭数の急増に伴って、第二次世界大戦後に増加した。

[西田恂子]

構築材料

コンクリートは強度も強く、価格も比較的安く、サイロのもっとも代表的な構築材料としてあげられるが、酸に弱く内壁が侵されやすい。スチールは気密性の保持できる形状に加工しやすく、厚さ3~6ミリメートルの薄板で十分強度も強く自重が軽くてすむが、酸に弱く、耐酸施工を必要とするので高価になる。プラスチック材料は気密性が保持しやすく、耐酸性で軽くて扱いやすいので、塩化ビニルやポリエチレンのシートが各種サイロの被覆材などに用いられ、サイレージの品質向上に役だっているが、破れやすい欠点がある。繊維強化プラスチック(FRP)はサイロの材料として最適であるが、耐久性に多少問題があり、高価でもある。そのほか、小形角型サイロ用のコンクリートブロックや、れんが、石材、木材などがある。

[西田恂子]

種類

形状、設置位置によって、垂直型と水平型、地上式と地下式または半地下式などに区分される。次におもな例をあげる。

(1)タワーサイロ 代表的な垂直型の地上式大形サイロで、コンクリート製の円型のものは直径1.5~6メートル、高さ5~18メートル(直径の2.5~3倍)、取り出し方式は上部からと下部からとある。

(2)気密サイロ スチール、FRP製で機能的にもっとも優れ、直径3~7.7メートル、高さ10~24メートルで、上部の詰め込み用と下部の取り出し用のハッチを閉鎖すればサイロ内の気密が保持される。

(3)バンカーサイロ 代表的な水平型サイロで、サイレージの自由採食を目的としたものである。地上面または地下に穴を掘って底側面をコンクリートで構築し、原料草をトラクターなどを使って十分圧縮して詰め込み、上部をビニルシートで被覆する。

(4)トレンチサイロ 地下式の水平型サイロで、地面に溝を掘り、ビニルシートで完全に被覆して原料草を詰め込む簡単な補助サイロといえる。

(5)スタックサイロ 地上式の水平型サイロで、堆積(たいせき)した原料草を地面と上面で完全にビニルシートで被覆し密封する。短期間の貯蔵に使われる。

 配合飼料の原料として海外より輸入される穀類などを一時貯蔵する容器もサイロという。燻蒸(くんじょう)、換気装置などが設備され、虫やネズミの害を防ぎ良好な状態で貯蔵できる。

[西田恂子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サイロ」の解説

サイロ
silo

穀物や飼料用生草類の貯蔵施設。酪農において生草を乳酸発酵させ,サイレージを調整し,貯蔵する施設である。垂直型のタワーサイロや水平型のトレンチサイロ,バンカーサイロなどの形式がある。垂直サイロには地上式,地下式,半地下式があり,また円形方形,六角形,八角形など形状も種々のものがある。普通倉庫に比べて構造,管理が簡易で,収納,搬出が容易なうえ,貯蔵物の変質を防ぐことができるなどの利点をもつため,いろいろな方面に使われるようになり,サイロは広く粉・粒状物質のばら積み貯蔵庫を意味するようになった。酪農経営には欠かせない施設であるが,酪農以外にも,鉱石肥料食塩などの原材料の貯蔵など,工業的にも広く用いられている。

サイロ
silo

ミサイル格納地下倉。の第1撃からの破壊を免れるために,ICBMの発射装置は地下深い,堅固なサイロに格納され,ここから発射される。アメリカの戦略軍の保持するミニットマン IIミサイル 450基 (97年度までに撤廃) とミニットマン IIIミサイル 500基,それにピースキーパー MXミサイル 50基が地下格納庫に格納されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「サイロ」の解説

サイロ

〘名〙 (silo)
エンシレージを作るために、穀物や冬季飼料用の生草類を乳酸発酵させて、たくわえておく所。
童謡牧場の朝(1926)〈柳曠〉「たかい穀塔(サイロ)がひかります」
② 穀類・セメント石炭など、粉状・粒状の物質をばら積みにして、たくわえておくための、塔状の倉庫。普通の倉庫に比べて貯蔵容量が大きく、収納・搬出が容易であるなどの利点がある。
③ 戦略ミサイル発射用の地下格納設備。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「サイロ」の解説

サイロ

サイレージを作るための設備。かつてコンクリート造の塔状のものが多かったが,単に土を掘って,内部にビニルフィルムを敷き,飼料作物を詰めてビニルでおおう簡単なトレンチサイロが普及している。また,バンカーサイロやスチール製の気密サイロなども用いられている。→酪農

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「サイロ」の解説

サイロ(silo)

冬季の家畜飼料にする青草類を生に近い状態で貯蔵する倉庫。地上に建てる円筒形のタワーサイロ、穴を掘って作るトレンチサイロなどがある。
セメント・穀物・肥料などを貯蔵する塔状の倉庫。
発射装置を備えた、ミサイルの地下格納庫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「サイロ」の解説

サイロ【silo】

サイレージをつくるためにその材料となる生草類や根菜類などの多汁質飼料を詰め込んで乳酸発酵させる容器。サイロは畜産農家にとって,冬季用の保存飼料をつくるための大切な設備であるが,とくに気象条件が悪くて乾草をつくりにくい地域に多くつくられる。日本では1887年に群馬県の神津牧場に最初のサイロが建設されたが,その普及は昭和になって有畜農業が奨励された後である。第2次世界大戦後,乳牛の飼育頭数が急増し,草類の増産が行われるにつれてその建設は著しく多くなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android