コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神津牧場 コウヅボクジョウ

5件 の用語解説(神津牧場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうづ‐ぼくじょう〔かうづボクヂヤウ〕【神津牧場】

群馬県南西部、下仁田町にある、日本初の西洋式牧場。明治20年(1887)、神津邦太郎により開設された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神津牧場【こうづぼくじょう】

群馬県西部,甘楽(かんら)郡下仁田町にある牧場。長野県境をなす物見山,荒船山の東麓,標高1100〜1200mの地で,面積約5km2。1887年長野県佐久の神津邦太郎が開設,乳牛のほか馬,羊も飼育。
→関連項目荒船山下仁田[町]妙義荒船佐久高原国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうづぼくじょう【神津牧場】

群馬県下仁田町にある約600haの民間牧場。軽井沢の南約10km,物見山の東斜面に広がる。明治政府の大農経営の政策にそい,神津邦太郎が1887年に開く。その後経営者が転々とし1945年から財団法人となる。ジャージー種ホルスタイン種の乳牛,ヤギなどが放牧され,スイスチロル地方を思わせる景観をつくる。宿泊施設,スケートリンクもあり,行楽地として知られる。【田中 正大

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神津牧場
こうづぼくじょう

群馬県南西部、物見(ものみ)山の東麓(とうろく)にある山地牧場。甘楽(かんら)郡下仁田(しもにた)町に属する。標高1100メートル内外の緩斜地で面積387ヘクタール。夏は冷涼で、所々に湧泉(ゆうせん)や渓流がある。1887年(明治20)西隣の長野県北佐久(きたさく)郡志賀(しが)村(現、佐久市)の神津邦太郎(こうづくにたろう)が開設。開設以来乳牛のジャージー種を放牧して、牛乳を軽井沢に、バターを東京に出荷、その後経営者が変わっても神津牧場の名は変わらず、引き続いてジャージー種を主にヒツジ、ウマを加えて放牧し、冬だけ舎飼(しゃがい)している。夏の放牧風景がアルプスのチロール地方に似ているといわれ、世俗を脱した景観に魅力がある。牛乳風呂(ぶろ)が有名。妙義荒船(みょうぎあらふね)佐久高原国定公園内にあり、南方に荒船山があり、下仁田から市野萱(いちのかや)までバス45分、下車後徒歩1時間半。西側に妙義荒船林道が通じる。神津牧場―八風(はっぷう)山―軽井沢へのハイキングコースがある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone