コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウナ風呂 サウナぶろsauna

翻訳|sauna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウナ風呂
サウナぶろ
sauna

フィンランド独特の蒸し風呂。木材を横に積上げて壁とした浴室に,かまど煉瓦あるいは鋼板で築き,火床の上下は鉄格子で,下は灰だめとし,上にを積上げてある。約5時間火を焚き続けると,石が高温に熱される。この石にときどき水を注ぎかけて,そのとき発生する蒸気を浴室に導き入れる仕組みで,蒸気浴熱気浴を結合させたもの。からだを蒸したあと白かばの枝であかを落し,皮膚を鍛える。最後に冷水をかぶったり,または水中で泳いだりする。日本では健康・レジャー産業の一つとしてサウナ風呂サービスがあり,大都市の歓楽街や交通の便のよい地区に立地し,サウナ風呂や休憩室などを備え,マッサージサービスも合せて提供している。また家庭向けの簡易型サウナ風呂も販売されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サウナ風呂【サウナぶろ】

フィンランドの蒸しぶろで,蒸気浴と熱気浴を合わせたもの。農家にみられる板囲いの浴室で,中央にサウナsauna炉があり,石を加熱,水をかけ蒸気をたてる。浴者はからだを蒸し,シラカバの小枝でたたき,次いで冷水,雪でからだを冷やす。
→関連項目風呂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のサウナ風呂の言及

【風呂】より


【日本】
 入浴方法には,密閉した部屋にこもらせた蒸気で蒸す〈蒸気浴〉と,湯槽(ゆぶね)にみたした温湯に入る〈温湯浴〉がある。現在日本では風呂といえば温湯浴が一般的であり,その湯槽および湯そのもの,または洗い場なども含めた部屋(浴室)ないし建物のことを風呂と呼んでいる。しかし風呂をこのような意味で用いるようになるのは,温湯浴が入浴の主流になる江戸時代後期以後の比較的新しいことであり,古代・中世から近世の前半ころまでは,風呂とは蒸気浴(蒸し風呂)のことであった。…

※「サウナ風呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サウナ風呂の関連キーワードフィンランド藤田 小女姫ロウリュ健康産業水治療法蒸風呂浴場

サウナ風呂の関連情報