コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクララン

百科事典マイペディアの解説

サクララン

ガガイモ科の多年生つる草で,九州以南〜オーストラリアに自生。茎は岩や樹幹などをはい,葉は対生し,楕円形で厚い肉質。春,多数の花を球状にかたまってつける。花冠は径12〜15mm,白色で中心部が淡紅色,5深裂する。観賞用に鉢植にされるが,冬は温室内に入れる。繁殖はおもにさし木による。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サクララン【waxplant】

ガガイモ科の常緑つる性草本で,九州南部~熱帯アジア,オーストラリアに広く自生する。葉は対生し,楕円形で,硬い多肉質で,鈍光沢がある。葉腋(ようえき)から短い花梗を伸ばし,散形花序に40~60花を球状につける。花径1.5cm,多肉質で,花冠の先は5裂し,白色,中央部は淡桃色となる。花には強い芳香がある。花色が桃色で,葉がランに似ているというので〈桜蘭〉の名があるといわれるが,ランの仲間ではない。園芸的には葉縁に黄白色斑の入るフイリサクラランcv.Variegataが多く栽培される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サクラランの関連キーワードホヤ(ガガイモ科)アサギマダラガガイモ科

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android