コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササキリ ササキリ Conocephalus melas

4件 の用語解説(ササキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササキリ
ササキリ
Conocephalus melas

直翅目キリギリス科。体長 12~15mm,翅端まで 20mm内外。体は細く,褐色または緑色であるが,頭部から前胸の両側を経て前翅のそれに続く部分と先端部,前肢の脛節と 跗節,後肢の膝部などは黒色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ササキリ

直翅(ちょくし)目キリギリス科の昆虫の1種。体長(翅端まで)20mm内外,緑色ないし褐色で,翅は淡褐色。本州中部以南〜台湾,東南アジアに分布。7〜8月,林間の草地に多く,シリシリ……と鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ササキリ【Conocephalus melas】

直翅目キリギリス科の昆虫(イラスト)。小型のキリギリス類であるササキリ類の中の代表種。他のササキリ類は明るい草原にすむが,本種は林縁の日陰になっているササ葉上にすむ。成虫は夏から秋にかけて出現し,雄は日中ジリジリと鳴く。本州以西,中国や東南アジアに広く分布するが,本州では東京以西で,中部の高地にはいない。雑食性で,ウスイロササキリなどはニカメイガの卵などを食べることもある。ササキリ類の中では,太めの体つきで,体長は13mm内外。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササキリ
ささきり / 笹螽・笹切
[学]Conocephalus melas

昆虫綱直翅(ちょくし)目キリギリス科に属する昆虫。小形のキリギリス類の1種で、林縁の日陰になったササの葉上などで生活している。体長13ミリメートル内外。同様の小形のキリギリス類のなかではやや太めの種で、頭頂はやや突出し、複眼は球形で大きい。後脚(こうきゃく)の腿節(たいせつ)の中央から基部寄りはやや太めである。緑色型と褐色型があり、両型とも触角基部、複眼後方から前胸背側面にかけての部分、前翅の前胸背側面に続く部分と先端部、前脚の脛節(けいせつ)(ふせつ)、後脚の膝部(しつぶ)などは黒色で、その顕著な色彩の対比は他種にないので、区別は容易である。本州から沖縄まで普通にみられ、また東南アジアにかけて広く分布する。成虫は日本では夏から秋にかけてみられ、雄はジリジリと鳴く。なお、幼虫は顔面が赤みを帯び、体は黒色で、この種の幼虫と思えないような色彩をしている。ササキリ類は、日本では、この種のほか、本州以北、沿海州などに分布するウスイロササキリC. chinensis、本州以南、中国などに分布するコバネササキリC. japonicus、本州から東南アジアにかけて広く分布するホシササキリC. maculatusほか数種がみられる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ササキリの関連キーワードウマオイクビキリギス螽蟖草螽蟖藪螽蟖ころぎす笹螽蟖セスジツユムシキリギリス(螽蟖)クダマキモドキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ササキリの関連情報