コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッファーフ al‐Saffāḥ

3件 の用語解説(サッファーフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サッファーフ【al‐Saffāḥ】

723ころ‐754
アッバース朝の初代カリフ。在位750‐754年。通称アブー・アルアッバースAbū al‐‘Abbās。ムハンマドの叔父アッバースの子孫。打倒ウマイヤ朝アッバース家運動を指導していた兄イブラーヒームIbrāhīm b.Muḥammad(701∥702‐749)が殺された後,749年クーファに入城した革命軍の推戴を受けてカリフ位につき,翌年ザーブ河畔でウマイヤ朝軍を破り,さらにカリフ,マルワーン2世を殺してとどめを刺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッファーフ
サッファーフ

アブル・アッバース」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッファーフ
さっふぁーふ
al-Saff
(723ころ―754)

アッバース朝の初代カリフ(在位750~754)。通称はアブル・アッバース。預言者ムハンマド(マホメット)の叔父アッバースの子孫。ウマイヤ朝を打倒し、ムハンマド家からカリフを出すべきだとするアッバース家運動を指導していた兄のイブラヒームが殺されたあと、749年にクーファに入城した革命軍の推戴(すいたい)を受けてカリフたることを宣言。翌年ティグリス川の支流ザーブ川のほとりでウマイヤ朝軍を破り、さらにエジプトに逃亡したウマイヤ朝最後のカリフ、マルワーン2世を殺して、正式にアッバース朝を開いた。続いて同じムハンマド家に属するアリー家を擁護しようとした宰相アブー・サラマを殺して、シーア派の弾圧に踏み切り、アッバース家の権威を確立した。またシーア派の勢力の強いクーファから三たび居を移して、アンバール近くで新首都ハーシミーヤの建設を始めたが、完成をみずに没した。[森本公誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサッファーフの言及

【ウマイヤ朝】より

…在位724‐743)の国家再建策も効を奏せず,同朝は崩壊への道を進んだ。747年アッバース家の宣伝者(ダーイー)アブー・ムスリムは,ホラーサーンのメルブで挙兵し,次いで749年,サッファーフはクーファでカリフを宣した。750年マルワーン2世が逃亡先の上エジプトで殺され,ウマイヤ朝は滅んだ。…

※「サッファーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サッファーフの関連キーワードアッバース朝イフシード朝バルマク家マリクマンスールムアーウィヤハールーンアッラシードアブド・アッラフマーン[1世]アミーンアッバース朝革命

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone