コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サドビヤヌ Sadoveanu, Mihail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サドビヤヌ
Sadoveanu, Mihail

[生]1880.11.5. パシュカニ
[没]1961.10.19. ブカレスト
ルーマニアの小説家。弁護士の家庭に生れ,大学卒業後,一時ブカレストで文部省に勤めたが,文学に専心することを決意して,文芸誌『ルーマニア生活』の編集者となった。 1904年に2編の短編集と長編『鷹』 Şoimiiを発表し,以後晩年にいたるまで多くの長編,短編を書き,ルーマニア最大の小説家としての栄光を得た。代表作は『ラプシュニヤヌ通り』 Strada Lǎpuşneanu (1921) ,『アンクツァの宿』 Hanu Ancuţei (28) ,『ニコアラ・ポトコアバ』 Nicoarǎ Potcoavǎ (52) などのほか,自伝的作品もある。 60年にレーニン平和賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サドビヤヌの関連キーワードルーマニア文学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android